アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~ 

20141205_08.jpg「アートアクアリウム 城」へ行ってまいりました。これは2014年10月24日(金)から12月14日(日)までの間、京都は二条城(元離宮二条城)にて開催されている、金魚や錦鯉と着物などを用いた「和」のアクアリウム展・・過去に東京は六本木や日本橋でも開催されてたらしいのですが、今回の京都・二条城では初の屋外展示ということで規模も過去最大とのこと。会場が京都なら近くて行きやすい・・休日出勤の振替休暇を取れたので、混雑がマシであろう平日の今日、思い切って行ってきました。



「アートアクアリウム城」の開催を知ったのは、テレビのニュースでした。始まってからすでにひと月近くも経ってからのことで、12月14日で終了と知り、これは早めに行かねば!と思いました。こういったアート展の内容を言葉で表現するのは、プロの物書きでもない素人にとってすごく難しいこと。なのでたくさん撮影した写真の中からお気に入りのものを選んでご覧いただこうと思います。



会場に入ってまず最初の展示・・横長の平べったい水槽の後ろにスクリーンが配置され、四季折々の映像を次々と写し出していきます。

20141205_01.jpg
20141205_02.jpg
20141205_03.jpg

数々の錦鯉が空中を飛んでいるかのようです。


次の展示は着物。

20141205_04.jpg
20141205_05.jpg

金魚の絵柄を染め抜いた着物もあれば、着物をスクリーンにして模様のように映像を投影する展示もあったり。


次のエリアまでの間をつなぐ小径には、夜道を照らす行燈(あんどん)のような水槽が点々と・・

20141205_06.jpg
20141205_07.jpg
20141205_08.jpg

それぞれの水槽には金魚が・・それぞれ違う種類のものです。



次は手桶状の水槽に水が並々と張られ、中には数匹の金魚。

20141205_09.jpg
20141205_10.jpg

こちらも水槽ごとに異なる種類の金魚が入れられて、いくつもいくつも。



さて、今度は大きなな構造物が見えてきました。

20141205_11.jpg

巨大な球体・・それはなんと水槽でした。球体の中には水が満たされ、錦鯉が悠々と泳いでいます。

20141205_12.jpg

よく見ると、水槽の上部は開いていて、そこから水があふれ出し球体の表面を流れています。

20141205_13.jpg

そして球体に当てられているライトの色が常にゆっくりと変化し続け、見る者を飽きさせません。

20141205_15.jpg

カメラ性能の限界で、この程度の写りにしかならないのが口惜しいのですが、実物は幻想的でさえあります。

20141205_16.jpg

この球体水槽は、ついつい近寄って見たくなりますが、ちょっと離れたところから見てもまたイイ感じなのです。



お次はまた着物。しかし・・

20141205_17.jpg
20141205_18.jpg20141205_19.jpg

着物の前に薄い水槽があって、その中には生きた金魚が泳いでいます。そして着物をスクリーンにしてのプロジェクションマッピング・・音楽にあわせて映像が次々と変化して、これもまたいつまでも見ていたくなります。



そして会場のいちばん奥、いちばん大きな構造物が見えてきました。その奥には二の丸御殿のシルエットが・・二条城を会場にするなんて、すごいことをやったもんです。

20141205_20.jpg

そこには舞台が設置されていおり・・

20141205_21.jpg

中心には水槽が・・それは巨大な金魚鉢。

20141205_22.jpg

口の部分から幾条か水が滴り、何とも言えない景色となっています。

20141205_23.jpg

舞台では1時間おきに花魁の妖しい舞が披露されます・・ちなみに「女形」だそうです。

20141205_24.jpg

こんなアート展は初めて見ましたので、とてもよかったです。今後、会場を移して開催されていくみたいですが、機会があれば別会場でも見てみたいですね。しかし今日は寒かった・・何せ気温5度でしたから、1時間ほどしかいなかったにもかかわらず、両手が寒さでしびれてしまい、一眼レフカメラのシャッターボタンを押すのも大変でした。というのも、自分はてっきり屋内展示だと勘違いしていて、開催時間も日中だとばかり・・なもんで、結構な軽装で行ったのでした。屋外で夜間だと知っていたら、フル装備で防寒対策していったのに・・下調べ不足でした。あの展示内容、屋外なら自動的に夜間にしかできませんね。寒さも含めて、印象強く残りました。



【散財メモ】
1,500円:「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」当日普通入場券
2,160円:「アートアクアリウム 金魚の宇宙(そら)」ブックレット
1,080円:「アートアクアリウム 金魚の宇宙(そら)」CD
1,080円:「アートアクアリウム」2015カレンダー
(合計) 5,820円

20141205_25.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3502-1342afba