節分 2015 

20150203_01.jpg節分・・季節の分かれ目。冬の終わり・・しかし現実には冬、真っ只中。昨日よりは幾分マシだったものの、それでも屋外で長時間居続けることはかなり苦痛でした。旧暦の2月3日なら約1か月後・・少しは春めいてきて、冬の終わりと言われても違和感ないことでしょう。とにもかくにも、歳の数だけ豆を食べて無病息災を祈るのです。

コメント

節分といえば恵方巻き

これって東日本には元々なかった物ですが、ここ十年ほどの間にすっかり普及してしまいましたね。まぁ我が家では、姉二人が京都の大学に進学したので、それ以前から存在だけは知っておりましたが。
近年のハロウィン共々、かつてはなかった物が普及していくというプロセスを目の当たりにしている点で興味深いですね。
思えば、バレンタインデーもこんな感じで普及していったのでしょうかね。

一般化普遍化のプロセス

友人サン
そうですね。今あたり前にある物事も、誰かの仕掛けによってそうなったものがたくさんあるのでしょうね。
平成生まれの人は「最初はグー」の始まりを知らないワケですし、ハロウィンも昔から日本でも盛大に祝ってたと思うのかもしれません。
タイムマシンというものがあるのなら、「土用の丑の日のうなぎ」をあたり前にしたプロセスを見に行ってみたいもんです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3562-0f4870a3