何処へ向かうのか 

20150319_01.jpg乗っている「舟」が明らかに迷走しているとわかってしまったとき、乗っている自分がどうすべきかをシッカリ考えなければならない。流れに身をまかせるにしても、歯向かって漕ぐにしても、水に飛び込んで脱出するにしても、それがどういう意味を持つのかをよくよく考えないと、まわりに迷惑をかけてしまいかねない。船頭は行く道を指し示さなければならないし、その意味を説く必要がある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3606-41e8cc90