トキヲ紀行 2015皐月 その4(仮) 

20150512_20.jpg2015年ゴールデンウイークの東京旅行初日。銀座の裏路地散策をはじめました。手始めにビルのすき間に突入して、路地のドキドキ感にさっそくハマってしまいました。このまま路地散策を続けるワケですが、手にしたガイドブックにはちょっと気になる建物が・・そちらにも足を踏み入れることにしました。



2015年5月2日(土)

銀座路地散策の途中、と言うか、まだ始まったばかりですけど(笑。中央通りから2本、昭和通り側へ行ったところにある「奥野ビル」を見に行ってみます。



20150512_01.jpg20150512_02.jpg

この奥野ビルは昭和7(1932)年竣工という古いビル。かつての高級アパートメントなんだそうですが、今は画廊やギャラリーといったアート系の店舗が入居している現役で使われているビルだそうです。そしてここの見ものはエレベーター・・



20150512_03.jpg20150512_04.jpg

見るからに古そうなエレベーターで、普通なら乗るのを躊躇してしまいそうな外見です。自分も本を見てきてなかったら乗ってないでしょう。



20150512_05.jpg20150512_06.jpg

扉の上の階数表示は指針式!こんなの映画以外で見たことない!!そして扉の脇には注意書きが・・



20150512_07.jpg20150512_08.jpg

そう、このエレベーター、扉が手動式なんですね。東京の、銀座の街の中に、こんな旧式のエレベーターがあるなんて・・しかもこのエレベーター、今もなお実用に供されております。しかも現在、ビルはアパートメントではなく画廊やギャラリーが多数入居しているワケですから、入居者以外に訪問客も自由に使って構わないというワケです。それでは、いざ!



20150512_09.jpg20150512_10.jpg

2枚の扉を手で開け閉めして・・こんな経験は滅多とない。しかし、自分にはそんなにすごい感動までは感じませんでした。よく考えてみると・・確かに人が乗るエレベーターでは初めての経験でしたが、荷物用のエレベーターで扉を開け閉めした経験がありました。しかも自分の勤め先で(笑。

ともあれ乗ってみます。操作ボタンはけっこう現代的なパネルになっており、昔の「ポチッとな」的な出っ張った丸いボタンではありませんでした・・そこはちょっと残念ですが、現代の使用に耐えるようアップデートされた結果なのでしょう。ゴンドラは非常にゆっくり、最上階の7階まで上がりました。



20150512_11.jpg
20150512_12.jpg

ビルの中は各階とも通路が狭く、うす暗さも相まってダンジョンゲーム的な視界が広がります。



20150512_13.jpg20150512_14.jpg
20150512_15.jpg20150512_16.jpg
20150512_17.jpg

部屋の扉やちょっとしたスペースの飾り付けにアート感。



20150512_18.jpg20150512_19.jpg

そこかしこに古い設備が・・消火栓ボックスなんて、たぶん木製ですよね。これでも消防当局のお墨付きのステッカーが貼られているところをみると、オブジェではなくて実用に供されているんでしょうね。窓枠やガラスの割れ具合がまたビルの内装とよく合っています。こんな見どころが銀座の街にあったなんて・・誰か友人を連れてきてみたいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3660-1595b092