ルノー ルーテシア ZEN 0.9 試乗 

20150622_01.jpgメガーヌ12か月点検の間の2時間ほどは代車の・・と言ってもふだん試乗車として使われている・・ピカピカなキャプチャーのロング試乗を敢行しました。さて、時間になったのでルノーディーラーへ戻って、ショールームの外でふと見つけたのが、赤というか濃いオレンジ色のようなルーテシア。これをよくよく見てみると・・ベーシックグレードとして追加されたZENの0.9Lダウンサイジング・ターボエンジン搭載車じゃないですか! しかもこのエンジンのグレードは・・5速マニュアルミッションのみ!! 以前から自動車雑誌などで好評を博しているヤツ。いちど乗ってみたいと思っていたのでした。

で、試乗してもいいかたずねてみるとOK・・しかも「ひとりで勝手に乗ってきて」パターン。とは言え、もう店じまいを始められる時間になってきましたので、あまり遠くまでは行けませんので、京都市中のすぐ渋滞が起こる道路しか走れませんでした。でも、特性は少しでもわかったような気がします。

乗り心地・・ソフトな方でしょうね。キツイ突き上げもなく、普段づかいにちょうどイイ感じ。

ギアシフト・・長めのシフトレバーはストロークも大きく、スポーティさとはかけ離れた、あくまでも実用車のそれですが、各ギアの入りもスムーズで扱いやすいと思います。

クラッチペダル・・うーん、これはあまり好きじゃないかな。ストロークは長く、ミートポイントが結構上の方にある。エンストはしづらいかもしれませんが、メガーヌR.S.に慣れている自分としては、ルーテシアZEN 0.9のクラッチペダルに慣れるまで少し時間が要りそうです。

エンジン・・これは感心しました。1リッターを切る小排気量ながら、ターボによるパワー・トルクの「積み増し」は大きく、中回転域で力強い。高回転まで持って行っても、力はあまり伸びていきません。でもまぁ、これを買われる人というのは、おそらくすべて承知の上だと思いますので、もっと非力でも「それが味」「パワー不足なエンジンをブン回して攻める」みたいな思いを描いていることが多いんじゃないでしょうか。ただ、ブン回すと「モー」という3気筒特有の軽自動車っぽい音が顔を出します。低中回転域ではその音もよく抑えられていますので、高回転まで回してもパワーは頭打ちな感じになるので、早め早めにシフトアップしてスピードを乗せていくのが理想形かもしれません。

全体的に見て、とても真面目につくられたいいクルマだと思います。ボディサイズもほどほどコンパクトで、燃費もいいでしょうから、普段づかいの足グルマとしてはかなりいい選択・・ただし、MT好きの欧州車好きにとって、という枠ではありますが(苦笑。国産の軽ハイトワゴンあたりの購入を検討されている方なんかにはまったくハマらないでしょう。

コメント

実はこれ凄く気になっているんですっよね♪
地元のディーラーがあまり好きじゃないので
試乗はしていないのですが
この車は時期候補の一台ですね♪
タイミングチェーンだから
過走行でも安心だし(笑)
ただ、ターボなので私の乗り方だと
タービンブローが心配だけど(*^^*)

Re:

闇朱サン
欧州車はベーシックグレードのMT車が味わい深いですね。前乗ってたクサラVTRもクーペだけどクサラ中で最廉価グレードでしたし、その前乗ってたゴルフ3のCLiもそうでした。今メガーヌR.S.なんか乗ってますけど、素のモデルが大好物です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3701-c8e06d3e