姫路城へ行ってきました 2015年9月 

20150927_01.jpg国宝の大天守・・平成の修理工事を終え、公開が再開された姫路城に行ってきました。修理工事中の様子を見学できた「天空の白鷺」が設置されていたときにも一度行ってますが、それ以来の登城となります。もちろん大天守の公開が再開されてからは初めて。一部では「白すぎ城」・・姫路城の別名「白鷺(しらさぎ)城」をもじって・・と揶揄されているそうですが、その白さを目にできるのは今のうちだけということ。白さの元になっている漆喰にカビが生えて色が落ち付いてくるのだそうですが、そうなる前に見ておきたい。次に大規模な修理がおこなわれるのは50年後だとして、自分が生きているかどうか・・生きていたとして、見に行けるかどうか定かではないですから、今しか見られないピカピカの姫路城は見ておきたい。今週末、休みは一日しかなかったのですが、一念発起して姫路まで出かけました。



姫路城の別名「白鷺城」は、「しらさぎじょう」と読まれることが多いのですが、実は「はくろじょう」と読むのが正式なんですってね。確かに、ブラブラ歩きしていて見かけた地元の町名や学校名は「はくろ」でした。

さて、今朝も早起きしました・・朝5時起き(笑。昨夜は雨が降っていたみたいですが、朝には上がって薄曇り。6時半の電車に乗って、姫路駅に着いたのは9時。姫路城には9時半に到着できました。朝早くても人はたくさん(汗。でも日中にくらべればだいぶマシでしょう。



20150927_02.jpg

そして9時半の姫路城大天守・・秋らしい薄くたなびく雲がかかった青空を背景にそびえる姿は美しいです。いや、この天気はヨカッタよかった。入場券を購入し城内、まずは大天守へ向かいます・・ここが混むところですから、先に片付けるのが肝要。せっかく早起きしてきたのですから。屋外ではまぁ、履物を脱ぐところが少し詰まったぐらいでした・・抜けるのに10分ぐらいだったかな? 大天守内では、上層階で入場規制がおこなわれたため、2階で少々足止めを食らいました・・でも10分も待ってないような気がします。確かに混雑はしていましたが、お城はどこでもこんな感じです(苦笑。また、姫路城は天守のスケールが大きいですから、飲み込める人数キャパも大きいですからね。それほどイライラさせられることもなく、最上階まで行って、また下ってきて、大天守のみの見学は所要時間1時間ちょっとぐらいはかかったでしょうか。



20150927_03.jpg

で、大天守から出てきたらこの青空になっていました・・息を飲む美しさでした。「白すぎ城」・・まったく白すぎじゃないです。この青い空に負けない美しさがすばらしい。このコントラストを目にできるのは、漆喰にカビが生えるまでの間で、しかも快晴でなければなりません。近所に住んでいるならいざしらず、そう頻繁には訪れることができない以上はなかなか恵まれない機会でしょう。今日姫路城に来てヨカッタと思えた瞬間でした。他にも場所を変えて撮ってみましたので、見てやってください。



20150927_04.jpg
20150927_06.jpg
20150927_07.jpg
20150927_08.jpg

うーん、すばらしい青空だ。お城周りには3時間ぐらいいましたけど、13時すぎぐらいからは再び秋の薄い雲が掛かり始めましたので、真っ青な空はこのとき限りだったのでした。うん、今日、出かけて正解でした。



【散財メモ】
姫路城・好古園 共通入場券:1,040円
計:1,040円

※ちなみに姫路城単独の入場券は1,000円でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3800-d64f756e