DS 3 So Parisienne 試乗 

20151115_01.jpgシトロエンから独立したブランドになった「DS」そのエントリーグレードとも言えるDS 3に新しいパワートレインが搭載されたということで、試しに行ってきました。試乗車に用意されていたのは「DS 3 So Parisienne」という特別仕様車・・ベースはDS 3 Chicですかね。新しくなったエンジンは直列3気筒1.2Lターボの「Pure Tech」と呼ばれるもの。以前、DS 3 Chicに搭載されていたのはターボなしの3気筒1.2Lでしたから、同じグレードでターボが付いてお得になった感じ?

乗ってみた感じはまぁ力強いですよ。レスポンスもシャープで、発進時にアクセルペダルちょいと踏めばグンと加速してくれます。ふだん乗ってるC5がダルすぎるので、最初アクセルコントロールが難しかったぐらいです。さすがターボ過給の効果は大きいです。そして何と言ってもアイシンAW製6速ATのスムーズさ・・これは正直言って欲しいですね、C5に欲しい。音もすごく静かでいいのですが、全開加速したときはやっぱり「モーッ」って3気筒独特の音がするのかな?・・今日の試乗は隣に同乗されてしまったので試せませんでしたけど。これまで試乗してきた3気筒車のアレだけが好きになれないんですが、そんな加速さえしなければとても扱いやすくて好燃費のいいパワートレインだと思います。

積極的に欲しいか?と問われれば・・今のところはあまり。どうせ3気筒なら、ルノー・ルーテシアZEN 0.9の900ccターボエンジン+5MT車がいいです。プジョー208には3気筒1.2Lターボ+5MTという仕様があるようですが、試したことがないので何とも言えません。あれも試乗してみたいのですが・・当分はメガーヌ+C5の組み合わせで行きます。

コメント

プジョー208の三気筒エンジンは意外と有りですね。パワー感はないけど使い切る楽しさは間違いなくあります。ただ惜しむのは5枚ドアが無いのが残念ですねぇ〜でもスポーツマフラーにしたら音がダメなんだろうなぁ〜やはりマルチシリンダーじゃないと最終的には気持ちよくないという罠(^_^;)

闇朱サン
そう言った意味では、ルノーの4気筒1.2Lターボってのはいい設定だと思うんです。
ルーテシアにもメガーヌにもMT設定無いんですが・・カングーにだけあります!

そうそう、プジョー208にはターボ付いてませんので1.2L三気筒のNAなのでマジでルーテシアのZENようなパワーはありませんのであしからず(^_^;)

闇朱サン
それがですねぇ・・
今回のマイナーチェンジでターボが付いてドアが2枚増えた「Style 5MT」というのが出たみたいなんですよ。
買います?(笑)

ターボは付いてないけど追加になっているんですね♪でも、重量とリアがドラムブレーキになってしまったのが残念ですねぇ〜

闇朱サン
5MTはターボ無いんだぁ・・残念。
やっぱルーテのZEN0.9の一択か。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3849-5347fa72