金ヶ崎城址へ行ってきました 

20151217_01.jpg敦賀小観光、金崎宮を参拝したあと、金ヶ崎城址へ行ってみることにしました。金崎宮本殿の脇に遊歩道があって、その先を示す表示板に「金ヶ崎城址」とあったものですから、あぁすぐ近くなのね、と行ってみることにしたのですが・・



20151217_02.jpg20151217_03.jpg

金ヶ崎城は山城。敦賀港のある湾の突端が岩山になっているのですが、そこを金ヶ崎と名付けたんでしょうかね?金ヶ崎宮の脇道はなだらかだったのですが・・油断しすぎでした。にわかに山道らしく急坂になって、壊れかけた自分の心臓では息切れが激しくて難渋しました。



20151217_04.jpg

どうにかこうにかたどり着いた山頂・・そこには展望台がありました。展望台の先は崖っぷち・・下には垂直な岩肌があるのみです。これは後ろ堅固で山城を築くには適していたのでしょうね。歴史好きの人ならよくご存じだと思いますが、織田信長軍が越前の朝倉攻めをしたとき、同盟を結んでいたはずの浅井が裏切って後方から攻められ挟み撃ちに合って絶体絶命になったところを激戦の末逃げ切った「金ヶ崎の退き口」のエピソードの舞台となったところです。この戦いで木下藤吉郎(後の羽柴秀吉)が株を上げたんですよね。今、城址は遊歩道と石碑があるぐらいで、ただの山ですけど。



20151217_05.jpg

下りは別ルートを選びましたが、どちらにしても急坂でした。冬だと言うのに汗をかいてしまいました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3884-b530d462