タッチパネル液晶モニター接続についての反省 

20151222_01.jpg昨日、仕事でパソコンのセッティングをしていました。ノートパソコンに外部モニターを接続しクローンディスプレイとするごくごく簡単な作業、のはずだったのですが・・どうもうまくいかない。外部モニターに映像が表示されない。その外部モニターというのが普通の液晶モニターではなく、タッチパネル液晶モニターだったということで、特殊なセッティングが必要なのかな?と思いました。試しに一般的な液晶モニターを接続すると・・問題なくクローンディスプレイが実現できました。再度タッチパネル液晶のほうを接続すると・・やはり表示しない。数時間粘ったもののうまく行かず、行き詰まって昨日は作業中断しました。

明けて今日、別のノートパソコンをつないでみてもうまくいかず・・悩んでいるとき、「もしかして接続ケーブルの不具合なんじゃないの?」という思いがふと頭をよぎり、予備のD-Sub 15pinケーブルに取り替えて試してみました。すんなり映像が表示され・・(苦笑。そのタッチパネル液晶モニター、今の今まで別のデスクトップパソコンに接続してちゃんと使えていたので、ケーブル類に問題があるなどと思いもしなかったのでした。まさかまさかの現象に、ケーブルの相性というのもあるのだなぁと、あらためてセッティングの難しさを思い知ったとともに、慣れた作業だからと言って先入観や思い込みはいけないなぁと感じました。初心忘れるべからず。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3889-22de5566