C5 リアウインカー球 交換 

20160321_01.jpg日々通勤の足に使っているシトロエンC5ですが、右フロントのポジション球が切れてしまって、それを自力で交換しようとしたけれども、エンジンルーム内の作業性が悪くて断念し、ディーラーさんにお願いしました。その際、リアのウインカー球が劣化して発色が悪くなっている(色が薄い)との指摘を受けました。そんなことは1年半前、納車のときからわかっていたのですが、それで車検を通っているのならと放置してきました。



20160321_01.jpg20160321_02.jpg20160321_03.jpg

で、今回「リアウインカー球、4,000円で交換しますよ」と言われたのですが、もちろん拒否。確かにフロントのポジション球は自力交換を断念しましたよ。しかし時間かけてすったもんだすれば何とかなったとは思います(時間もったいないのでやめましたけど)。それがリアのウインカー球ならもっともっと簡単ですし、それこそホームセンターに売っている交換用部品を買ってくればOKですから。以前のクサラのとき、球切れはしませんでしたがバックランプをより白いものに交換した経験もありますのでね。



20160321_04.jpg20160321_05.jpg20160321_06.jpg

で、クサラのときの経験を思い出し、ハッチゲートを開けて、内装の開閉フタを開け、蝶ネジを回してテールランプユニットを取り外し・・と、ここで少し問題発生。本来、蝶ねじが取り付けてある3か所のうち、2か所が金属のナットに置き換わっていました。当然、締めつけてあるので手では回せません。幸い合うサイズのメガネレンチがありましたので事なきを得ましたが・・おそらくこれまでの整備で蝶ネジを紛失または破損してしまったんでしょうね。別のもので代用するのはいいのですが、せめて金属製の蝶ネジにしておいてほしいものです。狭いスペースなのでレンチを掛けづらいですからね。とりあえず今回は同じナットを使って戻しましたが、ホームセンターで蝶ネジを調達してくることにしましょう。



20160321_07.jpg20160321_08.jpg20160321_09.jpg

そしてテールランプユニットを取り外し、電球がお目見え・・うわ、えらいことになってる。アンバー色の塗装膜が劣化して、日焼けの肌のようにカサカサ、ペラペラと剥がれてきています。これでは半分以上がアンバーではなくて白色の光になってしまって薄いワケです。ホームセンターで買ってきた電球と交換して点灯テスト。問題なかったのでテールランプユニットを元どおりに取り付けて完了。先に右側をやったので、左側も同じく交換。しかし新品はアンバーが濃いです・・今までのが薄すぎた?(苦笑。



20160321_10.jpg20160321_11.jpg

左が新品、右が劣化したウインカー球。剥がれた塗膜片がテールランプユニット内にポロポロ落ちてましたので、ブロアで吹き飛ばしました。ついでにテール/ブレーキ球とリアフォグ球を磨いておきました。表面にホコリが吸着して白っぽく曇っていましたのでね。



20160321_12.jpg20160321_13.jpg

全灯テスト・・AT車だとこういうことも簡単ですね。ま、MT車でも手伝ってくれる人がいれば簡単なんですけど(苦笑。今日はハッチゲート側のランプは手を付けてませんが、たぶん曇ってるでしょうね。またの機会に点検しましょう。



【散財メモ】
698円:KOITO P4570(PY21W球2個入)
計:698円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3981-843520aa