ハイシャ 2016年4月6日 

20160406_01.jpg歯根嚢胞が再発したので3月30日、かかりつけの歯科医院へ行って主治医に相談しました。そこで納得いく回答が得られなかったので、総合病院の歯科口腔外科への紹介状を書いてもらって、その予約診察日が今日でした。レーザー治療をと紹介状を書いてもらった・・そう思って行ったのですが、どうもそうではなかったらしい。病院行って、初診受付して、問診票書いて、レントゲン撮って、ようやく診察室へ呼ばれました。で、レントゲン写真を見つつ担当医から出てきた説明は、いつものかかりつけ医と同じこと・・クラウン(金属のかぶせ)と土台を取り外して、歯の根っこの内部を掃除して、薬剤詰めてを繰り返す。根っこが割れたりしていたら、抜歯の可能性もある、と。

そこでまた、かかりつけ医であった経緯をイチから説明して、「今日はレーザー治療をしてもらうために紹介状書いてもらって来た」と伝えました。しかし、病院の担当医は「レーザーは一時しのぎで根本的な治療ではない」と。何だよ、だったら別に大きい病院に紹介状書いてもらってまで来ることなかったやんけ・・かかりつけの歯科医院でなくても、他の歯科医院でもできることやし。しかし今日の担当医はこちらの話もちゃんと聞いてくれたし、説明もていねいにしてくれたので、腹をくくって従来の方法で治療をまかせることにしました。最終的にはこの病院から離れて開業医のところへ行って治療の仕上げをしてもらことになるみたいですが、もう元の歯科医院には行きません。技術的には問題ない歯科医だとは思いますが、これまでのこと・・医院の中で医師によって治療方針がまったく正反対だったり、こちらの希望をきちんと聴いてくれないばかりか、症状が出てきたらいつでも来るようにと言っておきながら、行ったら行ったで「厄介な患者」というような扱いを医師からも受けたり、衛生士の言うとおり3か月ごとにメンテナンスに通っていいたのに虫歯が進行していて大きく削って治療期間も長くかかったり、もう不信しかなくて治療を任せられませんので。次は別の歯科医院を当たりますが、とりあえずは今日の病院に通うことになります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/3997-208da10c