チョイノリにちょい乗り 2016年4月17日 

20160417_01.jpg今日ではなくて昨日のことなんですけど、チョイノリを走らせてきました。キック5回ほどですんなりエンジン始動・・チョークレバーもまったく引かなくて大丈夫でした。こんなに簡単に掛かったんだ、チョイノリのエンジンって。10日ほど前にカストロールのエンジン内部清浄剤を少量投入したからか、エンジン音がものすごく静かになりました。バタバタ言うのがチョイノリで、よりバタバタ言わせたくてマフラーをアフターマーケットのものに交換したりしてきましたが、まさかこんな添加剤を15ml入れただけで劇的に静かになってしまうとは思いもよりませんでした。まぁ、アクセル全開にすればソコソコの音は出るんですけどね。アイドリング時の音はかなり社会的なものに生まれ変わりました。本当にエンジン、燃料系の内部がクリーンになっている気がしてきます。これが1600ccとか2000ccとかの自動車だと変化がわかりにくいのですが、単気筒50ccだと変化が如実にわかるので面白いです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4008-a08f6075