トキヲ紀行 2016皐月 その9 

20160517_01.jpg2016年ゴールデンウイーク、東京の旅・・3日目。朝からつくばエクスプレスに初乗車しました。そして守谷で下車・・ここからは関東鉄道常総線に乗ります。こちらも初乗車です。関東鉄道という会社、まったく馴染みがありません。予備知識もなく、ただ乗換案内検索のとおり乗り換えたワケです。



2016年5月5日(木) こどもの日

つくばエクスプレスと関東鉄道常総線は守谷で立体交差しています。なので駅は隣接しており、乗り換えは楽です。雨にも濡れないでしょうね。

20160517_02.jpg20160517_03.jpg

ICカード対応の自動改札機が何台も並ぶ非常にキレイな改札口、そしてホームには電光掲示板。自分の場合、比較の基準が近江鉄道になってしまうワケですが・・明らかに関東鉄道のほうが大きい。いったいどんな電車が入ってくるのかな?

20160517_04.jpg20160517_05.jpg

ガーッ・・
え?この音??電車と違うの?・・ディーゼルエンジンの音。まさかこんなに大きくてキレイに整備された駅を持つ関東地方の鉄道会社が気動車を使っているとは思いませんでした。さっそく二両編成の列車にさっそく乗り込んで発車を待ちました・・車内はとてもキレイ。ローカル私鉄にありがちな「お下がり」「お古」といったみすぼらしさは皆無です。エアコンも装備されていますしね。


20160517_06.jpg20160517_07.jpg

守谷から乗ったのは下りの水海道(みつかいどう)行き。自分は終点の下館まで乗りますので、水海道で接続する列車に乗り換えるのですが・・今度は一両単行。もちろん水海道で下車する人もいるのでしょうけど、二両編成から一両単行に接続・乗り換えということは、座席争奪戦になるということです。座れましたけど、なかなかハラハラしましたね。単行の列車で関心したのは料金箱・・運転室と客室との間に設置してありました。ここなら仕切りに使えると同時に、運転席から3歩も歩けば直接検札・料金徴収ができる。ドアの開け閉めもいらない。これは合理的・・近江鉄道にも導入してもらいたい。

20160517_08.jpg20160517_09.jpg

水海道から下館の区間はいっそう田舎に・・ま、地元滋賀で見る景色と似てますが(苦笑。後で調べてみて知ったのですが、常総線は過去に電化の計画を進めていたんですね。技術的な事情とコストが合わずに断念したみたいですけど、現在使われている気動車は新しくて快適なものですし、東京都心への通勤路線として利用されているそうですね。今回の初乗車では守谷から取手までの区間を乗れていませんので、また機会があれば完乗めざしたいと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4038-3276a91c