トキヲ紀行 2016皐月 その10 

20160518_01.jpg2016年ゴールデンウイーク、東京の旅・・3日目。つくばエクスプレスと関東鉄道常総線を乗り継いで下館までやってきました。そもそも下館ってどこよ?と調べてみたら、茨城県筑西市でした。なんか遠くまで来たなぁという気分になります。滞在先の東京亀戸から2時間半かけて下館までやってきた目的・・ここから出ている真岡鐡道に乗るためです。



2016年5月5日(木) こどもの日

20160518_02.jpg20160518_03.jpg

下館駅って、ちょっと特殊な形ですねぇ。駅舎の玄関はJR・・水戸線の駅。改札口は1か所で、中はJR線、関東鉄道常総線、そして真岡鐡道線と3社のホームが存在する。JR以外のはホームへ至る通路にまた改札がある。駅舎の乗車券の券売機にはJR以外のきっぷも売っている。で、なぜに真岡鐡道なのか?北関東のローカル私鉄なのか?

20160518_04.jpg20160518_05.jpg

これです。SLもおか号。これに乗車するのが目的でした。SLと言えば昨年秋、静岡県の大井川鐡道では見て写真を撮ることはできましたが、乗車はできませんでした。大井川鐡道は人気で、乗車は事前の予約制。急に行くことを決めたので乗ることはできませんでした。今度は事前に調べた真岡鐡道・・SLもおかは予約は無くて、当日整理券を買うというシステム。これならいけるかも?と朝から来たのでした。

20160518_06.jpg20160518_07.jpg

この日は沿線の益子で益子焼陶器まつりも開催中で、ゴールデンウイークの観光客も合わさってすごい人出でしたけど、幸いにも整理券を購入できてSL乗車できました。始点の下館から終点の茂木(もてぎ)まで1時間半近くかかりました・・結構長い。SLが引っ張る客車は満席どころか、立ち乗りの人も・・自分はダッシュで席取りしましたので、ボックス席の窓際、進行方向に向いて座れましたが。車窓の景色はやはり地元滋賀とかわらない田舎(笑。そして満員列車に1時間も乗っていると子どもたちは飽きてきて、しまいにケンカし泣き出すだす始末・・旅情もへったくれもあったもんじゃありません。観光SL列車には初めて乗りましたけど、いい勉強になりました。

20160518_08.jpg20160518_09.jpg

終点の茂木駅で転車台の操作を間近で見られたのはよかったかな。

20160518_10.jpg20160518_11.jpg

転車台作業を見学した後、いったん改札を出て、すぐさま折り返しのきっぷを買って帰りの列車に乗り込みました。帰りは気動車です。SLの客車は左右にかなり揺れましたけど、気動車のほうはビシッと安定していて快適でした。



【散財メモ】
1,030円:乗車券(真岡鐡道 下館-茂木)
500円:SL乗車整理券
計:1,530円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4039-383f4032