メガーヌ 排気音確認 

20160529_01.jpgメガーヌを1週間後から車検に出すにあたり、準備として余計な荷物を降ろしています。その最中にふと思いました。荷物を降ろして見えたラゲッジルームの床・・これを取り外したら、遮音材が減るんだよなぁ。ということは排気音やなんかがよりキャビンに入り込んでくるということだよなぁ。どんな感じになるのか、一回試してみるか、と。で、どうせならトコトンやるか、と、トノカバーも取り外して、床めくった下の小物入れを兼ねたテンパータイヤカバーも取り外して、そしてリアシートのバックレストを前に倒して、運転席からもラゲッジルーム床の鋼板が見える状態になりました。

さて、それでは試乗・・スロットルマッピングをスポーツモードにして走り出す。アクセルオフするたび、パンパンとアフターファイアー音がいつもより多く、大きく聴こえてきます。そしてフルブーストかかるまでアクセル踏み込んでみると、シューッという吸気音?が後方から盛大に!ビックリしてアクセルオフすると音はピタッと止まります。何度も繰り返しましたが、同じようにシューッと・・何なんでしょう?エンジンへの吸気はエンジンルームのある車両の前方にありますし、後方で空気が流れる音がするのって、排気・・マフラーぐらいしか思い当たらないのですがね。

ともかく、リアシートのバックレストは結構な遮音効果があるようで、立てると寝かすでは音が全然違いました。これ、遮音材を省いて2シーター化してあるメガーヌ・トロフィーRだと、これがデフォルトになるということか・・長距離・長時間走ると耳が疲れてきそう(苦笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4050-612517f9