江口寿史展 KING OF POP 

20160611_01.jpgクルマを車検に出していて、今日の午後に受け取ることになっているので、少し早めに京都へ行ってどこかへ寄り道したいと思っていました。行き先を具体的には決め手いなかったので、昨日ネットで調べてみました・・現在京都市内で開催中の美術展とか。そうしたらヒットしたのが「江口寿史展」・・なんと今日からでした。



「江口寿史展 KING OF POP」の会場は京都国際マンガミュージアム・・場所は烏丸御池。ここには一度も行ったことがなく、いずれは行ってみたいと思っていたところでした。

20160611_02.jpg20160611_03.jpg
20160611_04.jpg20160611_05.jpg

京都国際マンガミュージアムはもともと小学校の校舎だった建物を利用しているのだそうです。豊郷小学校とは少し違いますが、古くても歴史があって良いものは何らかの形で残すのがいいですね。

20160611_06.jpg20160611_07.jpg

展覧会はもとより、その他の展示物や多数収蔵されているマンガ本も一般撮影禁止ということですので、ここに載せる写真はありません。「江口寿史展 KING OF POP」は、氏のデビューから現在までの作品にかかわるいろんなものが多数展示されており、たいへん見応えあるものでした。展覧会の図録は発行されていませんが、展覧会と同名の最新の画集を買って帰りました。



【散財メモ】
800円:京都国際マンガミュージアム入館料
5,400円:「江口寿史展 KING OF POP」画集
計:6,200円



追伸:
京都国際マンガミュージアムには専用駐車場が無く、仕方ないので近くのコインパーキングへ停めたのですが・・3時間足らずの駐車時間で料金は2,700円! 高くついてしまいました。今度からは電車で行こうと思いました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4064-69011dba