C5 送迎に最適論 

20160709_01.jpg今やファミリーカーと言えばミニバン。そして奥様のお買い物やお子様の送迎に使われるセカンドカーは軽ハイトワゴン。要するに四角くて背が高くて、たくさん人が乗れて荷物も積めるクルマがもてはやされているワケです。便利だから・・というのは、実はそういったクルマを買う口実と言うか、言い訳なのかもしれません。若い家族の場合はそれで問題なく、絵に描いたようなシアワセを手にすることができる・・ような気分にさせるのかもしれません。

一方、送迎する対象が年寄りになると、ミニバンのあの床の高さが気になると言うか、鬱陶しくなるようです。一段高いステップを「どっこいしょ」とよじ登らなければならないことは、足腰丈夫な若者には考えもつかないことでしょう。だから年寄りの送迎にはセダンがいちばんいいのです。ほら、タクシーだっていまだにセダンが主流じゃないですか。シトロエンC5のような少し大きめのセダン、後席もゆったりとしていて、乗り心地も優しくて・・車検を機に整備費用がかさむC5を手放すことも選択肢のひとつと一度は思いもしましたが、今後ますます老いて行く両親のことを考えると、ハードな2枚ドアのメガーヌR.S.を1台だけというのは、やはりねぇ・・

と、いうのも自分に対する言い訳、2台体制を正当化するための口実でしかないのかもしれませんが。事実、C5が無くとも父の日産ジュークを送迎車に使えば済む話ですのでね(苦笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4094-3502c1dc