花火 2016年7月23日 

20160723_01.jpg地元の町で夏祭りがあって、そのフィナーレを飾るイベントとして打ち上げ花火がありました。時間にして30分だけの小さい花火大会なのですが、昨年(だったか?)復活するまでは少し離れた場所に打ち上げ場所が移転されてしまって、自宅からは見えなくなってしまっていたのです。昔から山の上から上げていて、火災発生の危険があるとのことで郊外の河原へと移転されたのですが、やはり昔ながらの街から見える花火がいい、ということで復活しました。燃えカスが散らばったりせず、火もすぐ消えるような花火が開発されたとか?で。数も知れてますし、打ち上げ間隔も開いていますが・・この歳になると、かえってこういうポーンポーンとのんびり上がる花火のほうが風流でいいかな、とか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4108-80d66580