ルノー トゥインゴを見てきました 

20160806_01.jpgルノー トゥインゴの新型(三代目)モデルがフランス本国で出てからちょっと経ちますが、日本での発売は今年(2016年)9月と発表されたようです。それに先がけて日本全国のディーラーを順番にお披露目という形で展示されている模様。地元滋賀に1店舗だけある正規ディーラーはこの週末のみとのことで、見に行ってきました。ティーポ・オーバーヒート・ミーティング(TOHM)2016会場でも展示されていましたが、人が多かったし暑かったこともあり、ほとんど見ませんでした。今回は試乗こそできませんが、座り心地などシッカリ確認してみたいなと。

で、座ってみた感想・・ボディのコンパクトさに比して前席シートは結構大きめ。座るにはいいのですが、シートバックはヘッドレスト一体型でまるでセミバケットシートのようで、後席からの前方視界を完全に遮断しています。後席住人からは不満の声が上がるでしょう。後席は実用性を保ってますが、あくまで前席優先ですね。日本向け右ハンドルモルでもっとも気になるのがペダル配置・・これはダメでした。まぁ欧州製コンパクトカーの右ハンドルモデルでは当たり前なので仕方ないかもしれませんが、アクセルペダルもブレーキペダルも結構左に寄ってます。運転者の体格にもよるでしょうけど、自分はあまり運転したくない感じです。これまでのルノー車の右ハンドルモデルのペダル配置は結構まともなものが多かくて、先代(二代目)トゥインゴもそう悪くなかったような気がしたんですが・・

というワケで期待のトゥインゴ3、リアエンジン化によってキャビン足元の空間にもっと余裕ができるかと思ったのですが・・ホイールハウスに食われちゃったみたいですね。その分、ハンドルがよく切れて小回り性能が上がってると思いますが、小回りは一時のこと、足元の窮屈さは乗ってるあいだ常にですから、どちらかと言えば逆を優先してほしかったです、個人的に。狭いところでは何度も切り返しますから(苦笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4122-8c58c415