津山城 登城記 2016年7月 

ちょっと前の今(2016)年7月のことですが、岡山旅行のときに津山城へ行ってまいりました。旅の主目的は岡山国際サーキットで開催された、ティーポ・オーバーヒート・ミーティング2016への参加だったのですが、前日に近くまで移動するのなら、少し通り過ぎはしますが津山まで行って津山城を見に行こうと思ったのでした。



津山城は明治維新で廃城となったときに建物は取り壊されてしまったそうですが、在りし日は多数の櫓を擁する立派なお城だったそうです。今は石垣などの遺構が残されているのみで、城址は鶴山(かくざん)公園として整備・管理されています。

201607OKY_0102.jpg201607OKY_0103.jpg

この建物は数少ない建物遺構で、鶴山館という藩校だったものだそうです。内部は資料館になっています。



201607OKY_0104.jpg201607OKY_0105.jpg
201607OKY_0106.jpg201607OKY_0107.jpg

津山城を訪れたのは初めてですし、知識としても全然持っていなかったのですが、堅固な石垣を備えた立派なお城だったんですね。分類としては平山城だろうと思いますが、石段を登っていくのに結構体力使いました。完全に健康な若者なら何ということのない高さでしょうけど、自分にはちょっとキツかったです・・当日はかなりの蒸し暑さでしたし。



201607OKY_0108.jpg201607OKY_0109.jpg

天守台。江戸時代初期、森忠政の時代に四重五階の天守が建てられ、明治維新を迎えるまで残っていたのに、廃城令のとき律儀に破壊してしまったんですね・・もったいない。



201607OKY_0110.jpg201607OKY_0111.jpg

天守台から城下の見晴らしはなかなかよろしい。左は近年(2000年代)に再建された備中櫓と土塀。櫓の内部は資料館のようですが、到着時刻が遅かったのですでに閉館後でした。



201607OKY_0112.jpg201607OKY_0113.jpg

天守台はそれほど高くなかったのですが、他の石垣は大変立派なものです。これらの上にそびえていた77棟もの櫓を見てみたかったものです。城址公園としてはあまり手が入っておらず、平時は人気も少ない津山城ですが、こんなに立派な城郭であったとは思いもよりませんでした。行ってみるものですね。



【散財メモ】
300円:鶴山公園入場料
計:300円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4135-7d7bd95c