小説 君の名は。 

20160827_01.jpg新海誠 「小説 君の名は。」を読みました。同名のアニメ映画がつい最近公開されましたが、この小説版は映画監督の新海誠の作品。しかし小説が原作というワケではないそうです。もともとアニメ映画を制作していて、今作の小説版は絶対に書かないと決めていたそうなんですが、途中でとある出来事があって書くことにしたのだそうです。ノベライズってヤツですね。その経緯は小説のあとがきの後の解説に書いてあります。で、「原作」であるアニメ版より先に小説版が出来上がり、発売されたと。自分はそれを発売間もない今(2016)年6月に買って、例によって読まずに寝かせてしまっていました。それを今日、読み終えました。新海誠作品はいつもとても甘酸っぱい思いになってしまいます。小説と映像、ストーリーは同じでもまた違う感じになるでしょうから、アニメ版も当然、観てみたいです。昨日、劇場公開が始まったばかりですので、近いうちに観に行きましょうかね。あ、年老いた両親に「今日は『君の名は。』を読んだわ」と言ったら、「真知子巻きか?」と返されました(苦笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4143-199107c7