ルノー カングー ZEN EDC 試乗 

20160905_01.jpgこれまで6MTしか無かったルノー カングーの1.2リッター・ガソリン・ターボにデュアルクラッチトランスミッション(DCT)のEDCが追加され、最寄りのディーラーさんに試乗車が用意できたようなので試乗しに行ってきました。6MTモデルは出て早々に試乗して、「速いカングー」を体感済みでしたので、これが「オートマ」・・DCTと組み合わされるとどんな感じなのか興味津々。



カングーにはこれまでに何度か乗ったことがあります。まずは1.2ターボの6MT試乗、次に1.6の4ATを代車で1週間、その直後にもう一度1.2ターボ6MTを試乗して、1.6と1.2ターボの動力性能を比較再確認しました。



20160905_02.jpg20160905_03.jpg

1.2ターボ6MTですが、「カングーにしては速い」・・でももちろん、飛び抜けて速いというワケではありませんでした。それがDCT化による重量増もあるZEN EDCはどうか。乗ってみたらMTほどのキビキビ感は無く、マイルドになったかな、と。しかしルノーのEDCは相変わらずよくできてますねぇ・・シフトアップの滑らかさは秀逸です。フォルクスワーゲンのDSGはもっとハッキリと変則感をおぼえましたが、ルノーのEDCはトルコン式ステップATに負けないほどスムーズ。交差点の右折レーンで微速前進→停止→微速前進というような状況では多少ギクシャクしてしまうのは、DCTの弱点らしいので仕方ないでしょう。それもまぁ慣れれば気にしなくなれるか、より気にしてアクセルワークを工夫して挙動を抑えるということができるかもしれません。カングーZEN EDC、普通にオートマ車として普段使いできそうです。もし自分で買うとしたら・・このZEN EDCにするか、ACTIFの6MTという今回追加された廉価グレードのどちらかで迷いそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4152-009c879a