シトロエン C4 BlueHDi 試乗 

20160907_01.jpgDS 4 CROSSBACK BlueHDiに続いて、シトロエンC4のクリーンディーゼルエンジン搭載モデル、C4 BlureHDiにも試乗してきました。プジョーの場合は308に1.6リッターと2.0リッターの2種類の排気量のターボディーゼルエンジンをバリエーション展開していますが、シトロエンとDSの場合はDS4には2.0リッターを、C4には1.6リッターをと使い分けてきました。2.0リッターのほうはプジョー308でも、そしてこの日のDS 4 CROSSBACKでも試乗済みですが、1.6リッターのほうは初試乗です。さていったいどれぐらいの違いがあるのでしょうか?



20160907_02.jpg20160907_03.jpg

先日、車検代車で2週間借りたのでC4の外観はもう見慣れました。そして乗り味もある程度おぼえましたので、あとはエンジンの違いでどう変わってくるのか、それとプジョー・シトロエン・グループの2種類のターボディーゼルエンジンの違いはどうか・・いざ試乗開始です。

エンジンかけて路上に出た途端に1.6Lターボディーゼルの個性のひとつをすぐに感じ取ることができました。アクセルレスポンスがいい!直前に乗った2.0Lターボ・ディーゼルよりも出足の鋭さをハッキリと感じ取れます。1.2L3気筒ガソリンターボのピュアテックエンジンと似た感じのレスポンスです。2.0Lターボ・ディーゼルはもっとゆったりとした出足で、しかし全開にすると豊かなトルクが生まれる感じ。そして静か。対して1.6Lターボ・ディーゼルは少しディーゼル音が大きくなって、でもアクセル踏み始めから活発な感じで動いてくれますので気持ちがいいです。そして全開にすると2.0Lにも負けず劣らずの加速をしてくれます。個人的にはシトロエンC4やDS 4、プジョー308でターボディーゼルエンジン車を買うなら、2.0Lではなく1.6Lを選びたいです(DS 4シリーズで1.6Lターボ・ディーゼルを選ぶことはできませんが)。しかしまぁ、DS 4 CROSSBACKとC4は姉妹車とは言え別の車種ですから、純粋にエンジン特性の違いを比べたければプジョー308でするしかないでしょう・・おそらくDS 4とC4との比較と同様の印象になるでしょうけど。



20160907_04.jpg20160907_05.jpg

さて、試乗車とは別にショールーム内に展示されたC4 BlueHDiですが・・何だか様子が違います。通常、装備されることのない、オプション装着も選べないガラスルーフが付いてます。加えて通常は16インチであるはずのアルミホイールが17インチに。さらにこれも装備されないブラインドスポットモニターとフロントソナーが付いてます。これは初回ロットに少数だけ含まれていた「仕様違い」モデルだということです。マイナーチェンジで消滅した(?)セダクション・アップグレードパッケージに近くなる感じですかね?これで10万円高だそうですから、C4のディーゼル購入検討されている方には魅力的な個体ではないでしょうか。知る人ぞ知るレアものって感じで。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4154-1e1fbb03