鯰江城へ行ってきました 

20161003_01.jpg鯰江(なまずえ)城は室町時代にこの地域を領有していた鯰江氏が河岸段丘に築いた中世の城でした。その後、時代は下り、鯰江氏は近江源氏 佐々木(六角)氏に従うようになり・・本拠である観音寺城が織田信長によって攻め落とされた六角氏が最後に立てこもったのが鯰江城ということです。つまり戦国大名 六角氏の滅亡の地が鯰江城。現在、遺構らしきものは残っていないようで、「鯰江城祉」と記された石碑があるのみです。城が築かれていたであろう丘には住宅地が広がっていますので、あまりキョロキョロ・ウロウロしていると怪しまれてしまいそうな予感(汗。以前からクルマでよく通る道沿いにあって、石碑も見ていたので「登城」というほどのことはないのですが、とりあえず訪問記録として。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4181-bcd5f9ad