C5 樹脂パーツクリーニング 2016年10月16日 

20161016_01.jpg昨日、シトロエンC5を洗車機にかけたのですが、フロントバンパー下やサイドシルカバーといった無塗装樹脂パーツが白っ茶けてしまってボロさ感が増してきたので、クリーニング&ワックスを施してやりました。いつものオートグリム・バンパー&トリムジェルですけど、これをたっぷり塗り込んでやりました。これ、黒バンパーが美しくよみがえるケミカルですけど、気をつけなければいけないことがひとつ・・樹脂を溶かして汚れを除去する方式なのです。だからタイヤワックスとしては使わないほうがいいですね。ゴムの劣化が進んでしまいます・・ちなみに自分はタイヤワックスはシュアラスターの水性タイプを使っています。そうそう、オートグリム・バンパー&トリムジェル、バンパーに使っていても、使い過ぎるともしかしたら梨地加工がなめらかになっていくんでしょうかね?樹脂を溶かしているのだとしたら。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4194-1139769e