フレンチブルーミーティング2016 その1 

201610FBM_0101.jpg2016年10月29日(土)、30日(日)に開催されたフランス車の祭典「フレンチブルーミーティング(FBM)2016」。第30回となる記念すべき今回のFBMに参加するため、信州は車山高原へ行ってまいりました。自分は2003年に初めて参加し、途中2年ほどは行きませんでしたが、その前後は毎年連続して参加しています。今回通算12回目。まずは初日、土曜日の様子を振り返ります。



地元滋賀を朝10時に出発、名神高速道路を進み、小牧JCTで中央自動車道に入ったところで「中津川-園原 事故渋滞3km」との情報が・・しかし自分が通る頃には幸い渋滞も解消していて、きわめて順調に進むことができました。伊那ICで一旦下りて、「伊那ローメン」を昼食に摂ろうと考えていたのですが・・手前の小黒川PAでガイドブックを調べてみたところ、目当てのお店のランチタイム営業は13時半まで・・このときすでに5分前でしたので断念してそのまま車山高原を目指すことにしました。

201610FBM_0102.jpg201610FBM_0103.jpg

伊那ローメンは帰りがけに食べに行こうと思いましたが、保険をかけてこのPAでおみやげ用ローメンを仕入れておきました。ついでに駒ヶ根ソースかつ丼のソースも。

いつもは岡谷JCTから長野自動車道を1区間だけ進み岡谷ICで下りるのですが、今回は中央道を進んで諏訪ICで下りることにしました。高速を下りてからガソリンスタンドに寄って燃料給油と機械洗車を。



201610FBM_0104.jpg201610FBM_0105.jpg

諏訪での寄り道・・舞姫の酒蔵。昨年も一昨年も諏訪では「真澄」の宮坂醸造でお酒を仕入れるのですが、たまには違うところも試してみたいと思い今回は舞姫へ。ここでは地元の美山錦を磨きこんだ翠露(すいろ)純米大吟醸 中汲み生酒と、翠露 純米古酒でじっくり漬け込んだ極上梅酒を買いました。ではいつもどおり、霧ケ峰を経由して車山高原を目指します。



201610FBM_0106.jpg201610FBM_0107.jpg201610FBM_0108.jpg

麓は青空がのぞくいいお天気でしたが、山を登るにしたがって曇り空となり、霧ケ峰はその名のとおり濃い霧に包まれてしまいました。10メートル先もろくに見えない状態の中、ペースを落として山坂道を走り続けました。



201610FBM_0109.jpg201610FBM_0110.jpg

そして車山高原のFBM会場・・ひときわひどい霧で、ときおり小雨も降っているのか、非常に寒くて「下界」とはまったく違う天候でした。初日のメインであるフレンチフリーマーケットも、早々と店じまいを始めており、この日の買い物は断念しました。まぁ翌日、メイングランドのテント村でまた店を出されますから、あせることもありませんし。



201610FBM_0111.jpg201610FBM_0112.jpg
201610FBM_0113.jpg201610FBM_0114.jpg

宿へチェックイン・・昨年に引き続き、リゾートインミスティさんにお世話になりました。夕食はフレンチのコースですが、今回の魚料理は骨が多くて食べるのに苦労しました(汗。



201610FBM_0115.jpg201610FBM_0116.jpg201610FBM_0117.jpg

食事の後はまた坂の上のスカイプラザで恒例の前夜祭。ステージには2年ぶりに「あの人」が出てきて、今回は手がパンの「バゲット・バルドー」に扮してのショーを見せてくれましたが、例によってほとんど見ることなく、同宿の仲間と呑んでしゃべって、お知り合いを見つけては近況報告など、独自に楽しみました。

前夜祭の抽選会もまた当選することなく、宿へ引き返しての二次会・・深夜、日付変わって1時頃までワイワイとくだらない話で馬鹿笑いして過ごしました。写真は一切ありません(苦笑。その後、部屋に帰ってシャワー浴びて床に就いたのですが・・なぜが目がさえてしまってほとんど眠れなかったように思います。窓の外はあいかわらず濃い霧に包まれたままでした。



【散財メモ】
1,500円:翠露(すいろ)純米大吟醸 中汲み生酒
3,400円=1,700円×2:翠露 純米古酒でじっくり漬け込んだ極上梅酒
392円:消費税
計:5,292円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4213-fde16ba2