三保松原へ行ってきました 

20161113_01.jpg2013年(平成25年)6月富士山世界文化遺産の構成資産に登録された三保松原(みほのまつばら)へと行ってまいりました。富士スピードウェイ(FSW)へ行って、翌日は静岡県内でどこか観光したいなぁと思い、地図を眺めていて思い立ちました。



三保松原は静岡市清水区の三保半島にあるということで、昨日のFSWでのイベント後は清水駅前で宿泊、夕食は清水港の「清水魚市場 河岸の市 まぐろ館」で美味しいお刺身を食べて、今朝いちばんから三保松原へ行きました。名高い観光地ですから、休みの日中は人出が多いだろうと、朝早めに行きたかったのです。到着したのは9時前・・すでにそこそこ人が集まっていましたが、まだ団体さんはいなくて写真撮影もどうにかできました。

20161113_02.jpg

海と浜、そして松林を入れての富士山・・三保松原のイメージをすべて盛り込んだワンカットを撮影するのはなかなか難しい。歌川広重の有名な浮世絵「駿河三保之松原」をあらためて見てみると・・完全に「空撮」ですね(苦笑。あの時代だとこれは妄想の産物ということになりますか。現代の三保松原からの富士山写真には近代的な人工物がどうしても入ってしまって、満足いくものがなかなかできまませんでした。

しかし、非常にキレイな富士山が見られて満足でした。昨日、晴れはしたものの日中、富士山だけ雲隠れしていましたが、今日は少し霞ががってはいたものの、雲ひとつなくバッチリ見えましたので本当によかったです。ちょうど一年前、同じくFSWの帰り、日本平から久能山東照宮へ行ったときなど、嵐でしたからね。富士山などまったく見えませんでしたし。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4223-ca04b2c6