C5 サマータイヤの寿命を知る 2016年11月 

20161121_01.jpg昨日、シトロエンC5を冬タイヤに換えて、ちょっと買い物へ乗って行ったら・・ブレーキがカチッと効く!換えるまで・・つまり夏タイヤだったつい先ほどまで、日々なんだかブレーキの効きが甘いなと思っていました。気のせいかな?それともブレーキパッドが減って寿命なのかな?と。

しかし、実際はタイヤだったようです。気温15度以上、ドライ路面でスタッドレスタイヤの方がグリップがいいなんて・・スタッドレスはピレリのアイス・アシンメトリコ、195/65R15、毎冬4か月使用して3シーズンめ。サマータイヤはブリヂストンのレグノGR-XT、215/55R16、2年前にC5が手元に来たときには既に付いていたもので、期間・距離ともどれだけ使われたのか定かではありません。ただ、この2年で片減りがひどくてアウトサイドのブロック1列がほぼ溝なし(センターからインサイドは溝充分)の状態。

サイズとタイヤの種類からして、どう考えてもサマータイヤのほうがドライグリップがよくなりそうですが、劣化・硬化したタイヤは本当にダメなんですね。春になってサマータイヤに履き替えるときは新調しようと思いました。「止まらない・曲がらない」は本当に怖いですから。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4232-31ccbe7e