監視の渦 

20161125_01.jpg本来は使用者のモラル向上を図るべきなのだろうけど、それだけでは不安ということで監視を強めることになる。つまり監督者が使用者を信用していないと。で、監視される側はそこまでされることに腹を立て、する側を信用しなくなる。互いの信用を無くして、大きな費用を掛けて、それでもコンプライアンスというもののレベルを上げていかねばならない社会に暮らす我々は本当に安心できているのだろうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4236-98516a4c