メガーヌ ABSコンピュータ故障か? 

20161211_01.jpg昨日、メガーヌのメーターパネルに突然出現したABS警告灯点灯。今日、いつもお世話になっているルノーディーラーさんでテスターによる診断をしてもらいましたが、最終的な原因の究明には至らなかったとのこと。確かにABSに異常は発生している・・その原因がコンピュータユニット自体の故障であれば修理代25万円コースとのこと。しかしこれまでの類似事例では、ハーネスをネズミがカジってしまって警告が出たことがあったそうな。それだと費用的にはグンとお安く済むそうで。

いずれにせよ、真の原因を調べるにはコンピュータユニットを取り出さなければならない・・しかしメガーヌ3の場合、それをするにはエンジン本体を少しずらす必要があるそうで、今日ちょっとやってもらうことはできませんでした。年明け以降の作業になるとのことで、とりあえず1月3日からの代車を押さえてもらいました。ついこの前、タイヤを新品に換えたばかり・・それで14万円使っているから、コンピュータ交換ともなると修理代の捻出がキツイ。だからと言って手放す気は毛頭ありませんし。これは後戻りできない状況になっていきそうな悪寒・・泥沼化したらどうしよう。

現在、メガーヌR.S.はABSもESPも完全カットの状態。下手を打てばスピンしやすい状況なので気をつけなければ・・しかしまぁ、昔乗ってたクルマにはABSもESPも付いていなかったので、それが当り前でしたけどね(苦笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4254-8102e570