C5 オーディオ故障原因判明 

20161222_01.jpgスピーカーから音が充分に出てこないシトロエンC5を一昨日ディーラーさんへ預けて診てもらったのですが、昨日原因がわかったと早くも連絡がありました。キャビンからドアへ配線を渡す部分に蛇腹状のチューブがあって、その中でコネクタ接続されていると・・そのコネクタの中のギボシ端子がユルユルになっているので接触不良を起こしているから音が出なくなっていると。で、その部分の部品もメーカー純正としては出てこないらしく、またハーネス自体は問題なさそうなので、コネクタをバラして端子を修正する方向での修理となりました。

ドア内張りを外して端子の修正・・それをドア3枚分やらなければならない。しかし今、整備工場が手いっぱいなので年明けまで待ってほしいとのことで、一旦クルマを引き取ってきました。聴いた限りでは自力で作業できなくもなさそうなのですが・・面倒だし疲れるのもイヤなのでもうやってもらおうかな、と。費用は1か所あたり7,200円なので2万3千円ぐらいになりそう。部品・材料は何も要らないので、ドア内張りの脱着作業代がほとんどを占める感じでしょう。

それにしても代車に借りた初代C3・・すごく疲れました。濃霧だったこともあるのですが、運転していても疲れました。シートの当たりはソフトでふっかりして感触よかったのですが、座面や背もたれの面積が自分には不足気味・・C5のシートがだいぶタップリしているので、それに身体が慣れてしまったのでしょう。あと乗り心地・・初代C3はこれまで何度も代車で借りてますが、わりと印象悪くありませんでしたが、C5に乗り慣れてからはC3では挙動がちょっと落ち着かない感じがします。C5が気に入ってしまいました・・困ったことに?

コメント

そりゃ身体がハイドロに馴染んでしまったゆえかと。
そういう身体で、今クサラに乗ったらどのように感じるか?オーナーとしてはちょっと興味があります。

話は変わりますが、自分は最近、ダイハツのデッキバンというクルマに興味津々であります。なんかこのクルマ、現代の2CVではないかと、自分には感じられる部分が多々ありまして。
案外来年の春にでも衝動買いしてしまうかも?(笑)

友人サン
確かに、5年所有しているメガーヌR.S.よりも、手に入れて2年あまりであっても通勤の多くに供しているC5のほうに身体が馴染んでいくのは必然でしょうね。
一方、メガーヌは正反対・・締め上げられたクルマなので、違う乗り物としてかえって違和感なく乗れます。
バネサス車の中でも初代C3は中途半端な位置づけに自分の中ではなってしまっているのかも。
もっとドッシリ感あるバネサス車なら、また違った印象なんでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4265-9cd35e50