20年ぶりに金沢を訪れて思い出したこと 

20161226_01.jpg先日、金沢城公園と兼六園に行きましたが、石川県金沢市を訪れるのは本当にひさしぶり・・通過ではなくて一定時間以上滞在するのはおそらく20年以上ぶり。あの時は地元滋賀から高速道路を使わず国道8号線をクルマで行きました。金沢で一泊して、能登半島を回ったように思います。そうですね、金沢は夕方に「たどり着いた」という感じで、とりあえず宿を取って、街で食事をしました。カーナビも付けてなくて、スマホも無い時代・・電話ボックスでビジネスホテルを当たってました。昔はそれで充分やっていけたんですよね。ルートも道路地図帳を見ながらだったし。今はとりあえずスマホがあれば地図も確認できるし宿も見つけられる便利な時代。でも今、昔のやり方で旅しろと言われても、別に何も問題ないと思います。それは自分が昔から生きているからなんでしょう。生まれたときからスマホが身近にあって、それを使って育ってきたなら、無いとキビシイかもしれませんけどね。

コメント

結局、パソコンと携帯電話と録画用機器が普及しただけで、我々の生活自体は、昭和の時代と大きな変化はないのですよね。

友人サン
そういったデジタル機器を取り巻く環境も変わりましたね。
ネット通販とかSNSとか・・
まぁ無くても死にはしませんけどね(苦笑。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4269-8f903641