メガーヌ ABS故障修理に進展 2017年2月5日 

20170205_01.jpgABSコントロールユニットの故障修理で京都の正規ディーラーさんから岐阜のショップさんへ転院させたメガーヌについて、今日進展がありました。預けてから丸2週間、ショップさんから連絡がなかったのですが、今日ようやく電話が。あらためての診断結果は、やはり車両側は問題なく信号を発しているものの、コントロールユニット側からの応答がないとのこと。ユニットを新品交換するか、修理に出すかということで、ショップさんからは新品交換総額と、別業者さんへ修理に出す場合のユニット脱着のそれぞれの見積もり額を提示していただきました。もちろん金額だけでなく、修理した場合のリスクなどの考え方も教えていただきました。その話をすべてお聞きした上で、ABS修理専門業者さんへあらためて問い合わせをしてみて、とりあえず修理可否を調べてもらうことに決めました。修理可能なら修理してもらって、不可能なら脱着をしていただいているショップさんで新品部品を手配してもらって取り付けしてもらう、という二段構えの作戦でいくことにします。うまくすれば正規ディーラーさんでの新品交換の半額程度で修理できることになります。最悪、修理できなくて新品交換をショップさんにお願いしたとしても、そのノウハウによってエンジン脱着という重整備を回避できるそうなので、工賃だけでも数万円浮くことになりそうですので、時間をかけて調べた甲斐がありました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4311-ad66245b