事の本質はそこに無いから 

20170223_01.jpgこういう作業に手間がかかっていて、間違いを無くしたいから、データを照合確認するPGをつくってほしい・・そんな要望を持ってきたので、詳しく話を聴いてみた。するとやたら原始的で回りくどい作業をしていることが判明。とりあえず手書きと手入力をやめる方向を考えましょう。そうすれば照合確認しなければならないような間違いは起こらなくなるから・・そうアドバイスしてあげました。日々やっている人間は、それが当り前になってしまっていて、その手順が間違っているなどとは思いもよらなかったようで、こちらの話を聴いて口を開けて驚いていました。慣れというのは怖いものですから、まずはいつもの行動が本当に正しいのか、他に選択肢は無いのか、疑ってみることが大切なのかもしれません。答えはひとつではないかもしれませんので。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4329-0ff278e8