マツダ ロードスターRF RS 試乗 

20170305_01.jpgABS修理が完了したメガーヌR.S.の調子を見るため、山の方を軽く流しに行ってみたら、以前にロードスターを試乗させてもらったマツダディーラーさんの近くまで来たので、ひさしぶりに寄ってみることにしました。最初はフルモデルチェンジして新型になったCX-5とか、フラッグシップサルーンのアテンザとかを見てみたいと思っていたのですが、前回対応してくれた営業さんがあいにく別の場所で商談中で、他の営業さんも手いっぱいで対応できないと。とりあえず今日はカタログだけもらって帰ろうかなと思っていたら・・女性の営業さんが対応してくれました。ただし、商談の予約が入っている45分後までという時間限定で。なのでCX-5とアテンザと2台の試乗は無理っぽい・・「他には気になられているおクルマなどございませんか?」と問われたので、「ロードスターの固い屋根のやつ、試乗車なんてあります?」と聴いてみたら、「ございますよ」と。だったら今日のところはそれに乗ってみようではありませんか、とロードスターRFに。



今日この店舗にあったのは、ロードスターRFのRSグレード・・いちばんスポーティで高価なモデルですね。373万6,800円という車両本体価格はメガーヌR.S.と変わらないもので、購入は現実的ではないのですが、ソフトトップのロードスターとどう違うのか少しでも感じてみたくての試乗です。もしかしたら何年か後に中古車で買えるかもしれませんしね(笑。

20170305_02.jpg20170305_03.jpg

で、実物をはじめて目にしましたが・・雑誌やネットの写真で見るよりカッコイイ! NDロードスターはリアまわりの車幅が狭く見えるデザインがあまり好きではないのですが、ハードトップ・クーペのルーフ部分の高さも相まって余計に細く見えるのが輪をかけてイヤかなぁと。しかし実車を至近距離で見ると、なぜかカッコイイ・・もしかして、少し離れた位置から見ると細く見えるのかな?

さっそく試乗・・ソフトトップのときは同年代のオッサン(の営業さん)を助手席に乗せての試乗でしたが、今回はロングヘア(ワンレン)のスレンダーなキャリアウーマンさん(笑)を乗せて・・クーペボディでの走りを確認するために来たのでクローズドのままで走りましたけど。排気量の大きなエンジンが積んであるので、さすがにダッシュは力強いかな。今回の試乗はショートコースだったので、コーナリング・フィールを試せるようなワインディングは無かったのですが、重い感じなどはありませんでしたね。不思議だったのはソフトトップをフルオープンにしたときより、RFをクローズドにしてクーペ状態の方が斜め前方の視界がいいような感じがしました。なぜでしょうね?オープンに慣れていないから、外が見えすぎると注意散漫になってしまうんでしょうかね?

しかしドライビングポジションがバッチリ決まるのはさすがですね・・ペダル配置はもちろんのこと、シートとハンドルの位置関係をちゃんと合わせると、左手をハンドルから自然に下したところにシフトノブがあって、運転しやすい感が高い。RSグレードはもっともハードな足回りのはずですが、メガーヌR.S.に比べればうんとしなやかですよ。乗ると欲しくなってしまいますねぇ、ロードスター。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4339-13777416