マツダ CX-5 25S Lパッケージ 試乗 

20170321_01.jpgアテンザを試乗したならCX-5もでしょう・・と、つい最近フルモデルチェンジしたばかりのマツダ CX-5の2.5Lガソリンエンジンモデル、25Sを試乗してまいりました。アテンザのディーゼルエンジンモデルを試乗した直後でしたので、本当はCX-5のほうもディーゼルのXDを試乗したかったのですが、他のお客に取られてしまっていたようでしたので、帰ってくるまでの待ち時間にガソリン2.5Lを試乗してみることにしました。



20170321_02.jpgそりゃフルモデルチェンジしたばかりの、現在マツダでは最新の車種です。「商品改良」と言う名のマイナーチェンジをおこなったとは言え、デビューからすでに何年か経っているアテンザよりも内装の質感やデザインもよくなっている感じですし、遮音ももっとよくて静か。タウンスピードでしか走れてませんが乗り心地もほどよく快適そうです。エンジンはガソリンの2.5L・・確かに2.2Lターボディーゼルのような下からモリモリと湧き上がるパワーはありませんが、自然吸気ガソリンエンジンでも必要充分以上。吹け上がり方も自然でさわやか。お値段に差がある(お安い)のならガソリン2.5Lのほうをあえて選ぶ価値はあると思います。ただ、2.5Lもの排気量ですが直列4気筒・・まさに4気筒らしい音ではありますが、ディーゼルのガラガラ音は当然ありませんし、ごくごく普通の4気筒という感じです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4355-55be3ad0