突出するということ 

2017030_01.jpg「出る杭は打たれる」・・努力して実績を上げる人を妬んでその邪魔をされるというような意味合いで使われるフレーズですが、少し違った角度から見ると、まわりのことは何ひとつ気に掛けず、自分の成績のみを追い求める人は本当に優秀なのだろうか?と思ってしまいます。ちゃんとまわりに配慮しつつ実績を上げる人は、きっと打たれたりはしないのですよ。自分本位なだけの人が嫌われるのは当然のこと・・だから打たれる杭には打たれるだけの理由があると気付かなければならないのです。被害妄想に囚われてしまうと、自分の悪い部分にはまったく気づけず、邪魔されているというのも勘違い思い違いなのかもしれません。気をつけたいものです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4364-d6a2580f