C5 純正アルミホイール リペア 

20170405_01.jpg去る4月1日、少しでも程度のよいシトロエンC5を探す旅に出て、結局は今乗っているC5に乗り続けるのが得策という結論に至り、より愛情をもって手入れしていこうと考えました。さっそくその手入れに取り掛かります。まずは純正アルミホイールです。これは2年半前に乗り始めたときから気になっていたのですが・・結構大きな傷があり、しかも雑なタッチアップがされていてとてもみっともないのです。何か適当なホイールに換えようかとヤフオクをチェックしたりもしたのですが、安く上げようと思うと今のと変わらない傷だらけのものしか出てきません。なのでここはちょっと頑張ってDIYリペアを施すことにしました。



20170405_02.jpgホイールの傷はすべてタッチアップのやり直しでいこうとしたのですが、いちばん大きい傷については手で触ると明らかな段差が付いていて、ペイントしてもなお目立ちそうな感じ。ならばパテを盛って修正だと・・ひさしぶりに引っ張り出してきたパテはチューブの中で硬化してしまって使い物になりませんでした。急きょホームセンターへパテを買いにいったところ、アルミパテなるものが売っていました。これ、ホイールリペアにピッタリではないですか!すかさず買って帰りました。


20170405_03.jpg20170405_04.jpg20170405_05.jpg

写真は左から(1枚目)、着手前・・以前のオーナーによるスポーク部への雑なタッチアップペイントが見苦しい。リムのガリ傷は放置されたまま。写真中央(2枚目)はサンドペーパーで雑なタッチアップペイントを除去した後。リムのガリ傷も削りました。この段階でもだいぶマシになりました。そして写真右(3枚目)、買ってきたアルミパテを盛り、数時間の乾燥後にサンドペーパーでガシガシ削って滑らかにしたもの。いや、予想以上に目立たなくなりました。粗めのペーパーかけただけなので磨き傷が残っていますが、もっと細かいペーパーやコンパウンドで仕上げていけば、塗装しなくてもそこそこ見栄えよくなりそうです。手で撫でると中央に少し凹みがあるので、もう少し盛ってみようかなと思っています。



20170405_06.jpg20170405_07.jpg

パテ盛りが予想以上にうまくいったのに引き換え、浅い傷にほどこしたタッチアップはうまくいきませんでした。手持ちの塗料にシルバーは無く、ガンメタルに白を混ぜて調合しようとしたのですが・・メタルフレークが足りずにただのライトグレーになってしまいました。これはちゃんとシルバーのペイントを買ってきてやり直したいですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4370-b1191e64