C5 タイヤ交換 PIRELLI Cinturato P1 

20170406_01.jpgシトロエンC5のサマータイヤは、2年半前に乗り始めたときすでに履かせてあったブリヂストン レグノでした。何年使われたものかもわからず、ただ車検は通る溝の深さがあったのでそのまま使っていました。しかし昨年秋、近所のスーパーの立体駐車場、らせん状のスロープで雨の日、登り坂でまったく舵が効かなくて曲がらないという状況になっていました。微速前進でないと曲がりきれない。これでは雨の中でパニックブレーキを踏んだりしても止まらないのではないか?と不安になり・・とりあえず冬を迎えてスタッドレスタイヤに履き替えたので、春になったら新調しようと計画していたのでした。



どの銘柄にするか正直言って迷いました。安楽な乗り心地を提供してくれるハイドロサスペンションのC5ですから、それを損なうようでは困ります。できることなら次も新しいレグノがいいのかもしれませんが、あれはお値段が・・

次の候補としては、レグノほど高くなくても乗り心地が全般にいいミシュラン・・プライマシーあたりがコンフォート系では対象になるのでしょうけど、やはり少しお高め。

で、このところ行きつけになっているピレリ-タイヤのお店。もちろんブリヂストンやミシュランだって仕入可能なのですが、おなじランクのタイヤならピレリのほうが断然安いことはこれまで相談しに行った中でわかっていますので。ただ、ピレリーのラインナップにはレグノに相当するようなモデルは無く、コンフォート系ならCinturato P7となります。これにしようかなと思っていたのですが、昨年秋からメガーヌのタイヤパンク、メガーヌABS故障、C5エンジンオイル漏れなど高額出費が相次いだため、少しでも安く上がるCinturato P1にしました。

20170406_02.jpg20170406_03.jpg

PIRELLI Cinturato P1・・中国工場で生産されるアジア地区向け専用タイヤなのですが、設計はイタリアの本社でやっているそうですから内容としては欧州スペックに近いものだそう。少なくとも国産メーカーの安物モデルとはまったく違う性能のはずです。サイドウォールの丸みが特徴的・・未舗装路をガンガン走らなければならない東南アジア市場で求められるスペックなのかもしれません。



20170406_04.jpg

まだまだ馴らし中なのですが・・P1、悪くないです!パターンノイズも少なくて静か。まだ馴染んでいないため真の乗り心地はわかりませんが、この調子だと悪くはなさそう。当たり前かもしれませんが、すり減ったレグノよりは断然いい感じがします。馴らしが終わったら高速道路でもテストしてみないと。



【散財メモ】
55,600円:PIRELLI Cinturato P1 (215/55R16)×4本
計:55,600円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4371-bd788970