トキヲ紀行 2017皐月 その2 

201705TKY_0201.jpg2017年ゴールデンウイーク、東京の旅・・事前に行こうと計画していた場所が3つありました。2日目、まずそのひとつを訪れることにしました。東京都から出てしまう遠出です。



2017年5月4日(木・祝) みどりの日



201705TKY_0202.jpg201705TKY_0203.jpg

朝いちばん、東武亀戸からスタートです。東武亀戸線に乗って終点の曳舟へ。曳舟で東京スカイツリーラインに乗り換え北千住まで移動しました。北千住で有料の特急に乗り換えて・・と思ったのですが、叶いませんでした。東武の特急は全席指定なのですが、この日の午前中の全便で満席となってしまっていました。

仕方がないので急行と普通を乗り継いでいきます。東武動物公園で乗り換えです・・以前、鷲宮神社へ何度か「聖地巡礼」したときと、その先の冠稲荷神社(群馬県太田市)を訪れた際には、東武伊勢崎線には終点近くまで乗りましたが、今回は伊勢崎線とは違い、東武日光線に乗りました。まずは南栗橋行きに乗り換え、南栗橋でさらに先、東武日光行きに乗り換えました。



201705TKY_0204.jpg201705TKY_0205.jpg

終点の東武日光に到着しました。もう行き先はおわかりのこととは思いますが・・日光東照宮です。東武日光駅には同じように東照宮をめざす観光客が押し寄せていました。駅は大混雑・・まぁそこまでは織り込み済みでした。しかし想定外のことが・・駅から東照宮までは路線バスが出ているというのでそれに乗るつもりをしていたのですが、なんと周辺道路の大渋滞により、次のバスの到着も所要時間もまったく読めないとのこと。駅案内所での説明によると、おそらくは2時間ぐらいかかるだろうと・・だから歩いて行くことを勧められました。しかし徒歩40分だそうです・・暑い日でしたし、体力的に不安はありましたが、仕方ありません。バスだろうがタクシーだろうが、まるで進まないワケですから。



201705TKY_0206.jpg201705TKY_0207.jpg

歩きましたとも・・案内どおり40分ほど。しかし・・40分でたどり着いたのは「入口」でした。そこから石段を登り、坂になった参道を歩いてようやく門に到着。拝観券の券売所があり、ここにも長蛇の列・・しかし自分は駅の案内所で事前に購入済みでしたから、ここはスムーズに通過できました。問題はここから先でした・・



201705TKY_0208.jpg201705TKY_0209.jpg

日光東照宮は以前から人気の観光地ではありましたが、昨(2016)年に「平成の大修理」が完成した、東照宮のシンボル的存在である陽明門をひと目見ようと、人が押し寄せているのです。修理完成からはじめてのゴールデンウイーク・・そりゃ混雑必至ですわ。

陽明門へとつながる石段は通勤ラッシュの電車の中のような人で、その列はまったくと言っていいほど動かないのです。陽明門を含めていくつかある門では通路が非常に狭くなる・・まさにボトルネック現象、フン詰まりです。しかもそのボトルネックを抜けた先は行き止まりなワケで、通り抜けしてどこかへ行けるワケではありません。人はその後、用が済んだら戻ってくるワケです。ですから門の下では1列ずつで行ったり来たりしているのです・・それは詰まりますわな。貴重な文化財ゆえ、脇道を造るワケにもいかず、渋滞解消策は無いようです。



201705TKY_0210.jpg201705TKY_0211.jpg

その大混雑の中、見るべきところはきちんと見てきました。まずは象の彫刻。



201705TKY_0212.jpg201705TKY_0213.jpg

そして「見ざる言わざる聞かざる」の三猿の彫刻・・これも陽明門と同じくお色直しが済んだところです。



201705TKY_0214.jpg201705TKY_0215.jpg
201705TKY_0216.jpg201705TKY_0217.jpg

陽明門・・これの撮影がいちばん困難でした。とりあえず奥へ進むためには行列に並ばないといけませんし、人がいっぱいでお気に入りの角度などを探してまわることなどできません。とりあえず少しずつ進む中でシャッターを押していくだけ。



201705TKY_0218.jpg201705TKY_0219.jpg

こちらは唐門・・規模は陽明門よりだいぶ小さいのですが、美しさは負けていませんね。



201705TKY_0220.jpg201705TKY_0221.jpg

唐門の中には、これまた有名な「眠り猫」の彫刻。ここの場所も通路が狭くなっていて、ゆっくり撮影をすることができません。眠り猫の下をくぐって抜けた先はまた長い石段があり、行き着く先は徳川家康公廟所です。そしてここがまた大渋滞・・眠り猫から廟所へ行って帰ってくるのに1時間かかりました。日光東照宮の境内だけで2時間は立って行列に並んでいた感じです。何をしに来たんだろう、と(苦笑。



201705TKY_0222.jpg201705TKY_0223.jpg

復路の陽明門を抜け、参道まで戻ってきて、輪王寺薬師堂で「鳴き龍」を見て聴いて、それからちょっと足を伸ばして二荒山神社へも行ってきました。



201705TKY_0224.jpg201705TKY_0225.jpg

大混雑の中、とにかく何とか目的の場所を見て回れましたので、帰ることにしました。帰りはもうバスも動いているでしょう、そう思っていたのですが・・甘かった。今度は帰りの自動車が駐車場から出てきて渋滞が続いていました。仕方なしに帰りも徒歩・・また40分。さすがにキツかったです。足腰ガタガタになりました。来るときは東武鉄道で来ましたが、帰りはJRでと、JR日光駅へ向かいました。JR日光線、本数が少ない・・1時間1本ペース。次の電車まで40分待ちでした。



201705TKY_0226.jpg201705TKY_0227.jpg

お守りをたくさん受けてきました。日光東照宮と輪王寺、各所で「ここでしか手に入らない限定のお守り」があって、それを言葉巧みに勧めるのですよ(苦笑。完全に「商売」ですな。



【散財メモ】
2,100円:日光東照宮拝観券+日光東照宮宝物館入館券(セット券)
計:2,100円(東武日光駅ツーリストセンター)

?円:賽銭
600円:眠り猫守
500円:陽明門香守
2,100円:三猿守(@500×3)
計:3,200円+?円(日光東照宮)

?円:賽銭
1,000円:酉年守
2,000円:金龍鈴守
計:3,000円+?円(輪王寺薬師堂)

?円:賽銭
200円:神苑拝観料
計:200円+?円(二荒山神社)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4409-d9184605