トキヲ紀行 2017皐月 その4 

201705TKY_0401.jpg2017年ゴールデンウイーク、東京の旅・・日付変わって3日目。5連休のナカ日は近場です。休み前から計画していた行き先のふたつめはお台場です。BS日テレで放送されている「おぎやはぎの愛車遍歴」という番組の企画で、「おぎやはぎの愛車遍歴フェスティバル2017」が開催されるとのことで、この日は一日、その会場で過ごすことに決めました。



2017年5月5日(金・祝) こどもの日

「愛車フェス」は2年前の2015年の同じくゴールデンウイークに、「おぎやはぎの愛車遍歴フェスティバル inお台場」というタイトルで初開催されました。自分もそれを見にいきました。昨(2016)年もあるのかなぁ?と情報を待っていましたが、結局開催されず。今(2017)年はやるというので、これは行かなければと計画していました。

会場は前回と同じくお台場青海地区P区画という場所。もう慣れたもので、滞在先の亀戸からは都バス1本、乗り換えなしで行くのがいちばん早いとわかっていましたので、朝9時すぎには出発しました。開場は10時・・ちょうどいい時間にバスは近くの船の科学館前に到着。

バス停から会場までの道中、これまたゴールデンウイーク恒例となっている「肉フェス」や「オクトーバーフェス」を横目に見ながら徒歩10分ほど。

会場を見て・・展示車両は前回よりも少なくなったようです。今回は特設のカート場やヤッターワンの展示があったりして、子供にも楽しめる内容を目指した努力が伺えます。前回は完全に大人向けイベントという感じでしたからね。

では自分なりに興味を引かれたクルマをご紹介。



201705TKY_0402.jpg201705TKY_0403.jpg
201705TKY_0404.jpg201705TKY_0405.jpg
201705TKY_0406.jpg201705TKY_0407.jpg

「よろしくメカドック」ブース。キャノンボール編に登場したセリカXXのコスプレ車です。レプリカと言うには異なる箇所が多いですが、雰囲気は満々ですので、オッサンを中心に(笑)注目の的でした。主人公のXXだけでなく、ライバルのフェアレディZ(S30)やサバンナRX-7(SA22C)もあったのはよかったです。



201705TKY_0408.jpg201705TKY_0409.jpg
201705TKY_0410.jpg201705TKY_0411.jpg

軽トラのトレーラー・・錆塗装だけかと思いきや、トレーラー部にはスピーカー満載。しかも愛車紹介コーナーでは出演者が使うマイクの音声を鳴らして音響効果を担当していたようです。そして運転席・・左ハンドルに換えてありました。こういうカスタム、その手の雑誌では見たことありましたが、実物を見るのは初めてでした。



一般参加者の車両には好きなNSXなどのスポーツカーなどもあり、それは見ていて楽しかったのですが・・ここであえて取り上げたいのは変わったクルマたち。



201705TKY_0412.jpg201705TKY_0413.jpg
201705TKY_0414.jpg201705TKY_0415.jpg

こんなマイクロカーの中でも極端に変態臭の強いものとか。



201705TKY_0416.jpg201705TKY_0417.jpg
201705TKY_0418.jpg201705TKY_0419.jpg

懐かしの国産車もよかったですねぇ。



あと、5月3日から6日まで開催されていた愛車フェスですが、この日に来ることを選んだ理由はトークショーのゲストでした。



201705TKY_0420.jpg201705TKY_0421.jpg

お目当ては北陽の虻川・・ではなく、土屋圭市でした。話している内容はテレビで放送していた内容と変わらなかったりしますけど、自分たちがクルマに乗り始めた頃から知る、ストリート出身のたたき上げのレーサーで、しゃべりも上手な土屋氏を一度は生で見ておきたいなぁと思ったのでした。



ちなみにこの日、ものすごくよく晴れていたものですから、一日屋外で過ごしていたら、鼻のアタマは真っ赤に焼けて、腕には赤い斑点(湿疹)がたくさんできてしまいました・・調べたら日光皮膚炎というそうです。きちんと日焼け止めを塗っておいたにもかかわらず、ですよ。この季節の紫外線はあなどれません。



【散財メモ】
1,500円:入場券「おぎやはぎの愛車遍歴フェスティバル2017」
計:1,500円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4411-72811785