越前大野城へ行ってきました 

20170530_01.jpg福井県あわら市で開催されたクルマイベントの帰り、同じく福井県の大野市に立ち寄りました。目的は越前大野城の見学です。大野市へ行くには北陸自動車道の福井北か福井のインターチェンジで降りて山に向かって進むことになります。もちろん大野城ははじめてですが、大野市自体も訪れるのははじめてのことです。



丹波の竹田城が雲海に包まれて「天空の城」と呼ばれていますが、この越前大野城も同じような現象が起こるのだそうで、最近注目を浴びてきました。もちろん、雲海はさまざまな条件がそろわないと見ることができないワケですが・・お城そのものに興味がある自分としては雲海が見られなくとも、いちど見ておきたいと思っていたのでした。



20170530_02.jpg20170530_03.jpg20170530_04.jpg

越前大野城は資料によると「平山城」・・小山というか丘というかに建てられた城。とは言え、安土城などのように平山城であっても登るのがキビシイものもあります。大野城もなかなかすごくて、登り口からいきなり急勾配な階段が始まりました。途中まで階段を使ったのですが、ちょっと息が切れてしまって・・このまま山頂まで行けるかどうか不安になりましたので、ちょっと遠回りにはなるけれども楽に登れる遊歩道コースに切り替えました。



20170530_05.jpg20170530_06.jpg
20170530_07.jpg20170530_08.jpg
20170530_09.jpg20170530_10.jpg

そして山頂・・鉄筋コンクリート製の復興天守が建てられています。内部は資料館になっており、最上階からは周囲の眺望を楽しむことができます。こうしてみると、大野城の四方は山に囲まれて、雲海が発生しやすい地形になっているようです。天守内部は17時まで観覧可能なのですが、到着したのが閉館10分前・・それでもとりあえず観覧券を買って、いそいそと最上階の望楼部分に行ってみました。展示資料はザーッと見られれば充分でした。とりあえず、中に入れたのでよかったです。



20170530_11.jpg20170530_12.jpg

下りはさきほどと反対に極力階段を使いました。あと江戸時代に唯一の本丸・天守への道であった百閒坂も歩いて下りました。見るところはわりと小じんまりした印象の大野城、時間的は1時間ほどで行けました。行けてよかったです。



【散財メモ】
200円:観覧券(越前大野城)
計:200円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4425-d4edc623