ボレロ通勤 最終日 

20170609_01.jpg代車として借りているマーチ・ボレロですが・・明日メガーヌを受け取りに行くので、ボレロを通勤に使うのも今日で最後。1週間、中距離ドライブと毎日の通勤に使ってみて、最後までシックリ来なかったのがドライビングポジション。とくにシートが・・座面が短くてもも裏が浮いてしまうことはインプレッションの回にお伝えしましたが、ハイトアジャスターで高さを上げて、シートバックを倒し気味にしてみたら浮きは少しマシになりました。しかし今度はおしりが前へジリジリと滑ってずり落ちそうになる。何度も座り直したりして落ち着かない感じ。これでは長時間乗りたくない。ペダルの角度も最後まで馴染めませんでした。

しかしよかったこともあります。まず小さくて小回りが利くこと。あと車重が軽いので出足が軽やか。このふたつの相乗効果で街ナカの狭い道や駐車場などでの取り回しがとても楽。交差点でのスタートダッシュはふだん乗っているシトロエンC5やメガーヌよりも素早いのではないかと。もちろん、その後はあまり伸びませんので、たとえアクセルペダルを目いっぱい踏んでもスピードは出すぎない。驚いたのはわりと静かだということ。直列3気筒エンジン・・フル回転させたときの音は軽トラのうるささを想像していたのですが、マーチの車室内はすごく静か。確かに音はしているのですが、耳障りな感じはない。遮音を含めてよくサウンドチューニングされていると感じました。

あ、最後にひとつ・・これは前回のインプレッションでは書いていなかったのですが、ステアリングホイールの軸がほんの少し左にオフセットしているのかも。運転席シートに座って、身体の正中にステアリングホイールの中心が来るのが自然で正しいと思うのですが、どうも日産マークが少し左に行っている模様。ドラポジがシックリきていなかった原因のひとつはこれだったのか?左ハンドル基準で設計されたクルマを右ハンドル化するときに手を抜かれるとこんな感じになりますが・・まぁマーチは海外生産の「輸入車」ですけどね。

ということで、マーチ(ボレロ)はちょっとそのへん乗るだけならまぁ楽に乗れるけれど、あまり長時間・長距離は乗りたくないかな。「安いから」という言い訳が聴こえてきそうですが、その安さを理由に営業車として与えられて一日の大半をこれで過ごさなければならないとしたら、自分はイヤですねぇ。マーチ以外、日本メーカーの他のクルマでも、Bセグメントはこんな感じの妥協の産物ばかりなのでしょうかね?マツダのデミオはわりと印象良かったのですが。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4435-79ea111f