シトロエン C3 試乗 

20170722_01.jpg20170722_02.jpg
今日は全国的にシトロエンC3新型の内覧会だったようです。いつもお世話になっているディーラーさんへ寄ってみたところ、今回は何とさっそく試乗車も用意されていました。たいていはまずショールーム展示のみで、数週間遅れて試乗車が用意されることが多いと思うのですが、今回は違っていました。それではということで、試乗させていただきました。



20170722_03.jpg20170722_04.jpg

試乗車のボディカラーはアーモンドグリーンという色で、今回入ってきているクルマはすべてSHINEデビューエディションというものですが、一部のボディーカラーでは写真のようなオレンジレザーの差し色が入ったツートーン内装になります。これは今後の定番モデルとなるFEELとSHINEには設定されないとのこと。つまりこのオレンジ内装が欲しければ当面はデビューエディションを買うしかないということですね。まぁ要望する声が高まれば追加される可能性もあるでしょうから、慌てて買うこともないでしょうけどね。



20170722_05.jpg20170722_06.jpg

こちらは発売前から各メディアによく掲載されている白ボディに赤ルーフ・・New C3のイメージカラーと言っていいでしょう。



20170722_07.jpg20170722_08.jpg

そのボディカラーだと、黒基調で赤のストライプが入るスポーティなものになります。でもどう見てもオレンジツートーンのほうがオシャレ度が高いと思います。赤ストライプのほうはレギュラーモデルにも設定されるようです。



20170722_09.jpg20170722_10.jpg

で、これはサーブルというベージュメタリック色。NewC3ラインナップの中ではこれが一番好みのボディカラーです。そしてこれは内装がオレンジツートーンになりますので、理想的な組み合わせですわ。


さぁ試乗しての感想です。まずはパワフル・・3気筒1.2Lターボエンジンは1年前にC4を1週間ほど借りたときに感心したのですが、今回のC3でもやはりイイと感じました。2週間前に再試乗してみた旧型C3が自然吸気でパワー不足を感じましたので、やはりコレだよね、という感じです。

トランスミッションも旧型がETG5というシングルクラッチのロボタイズドMT(自動クラッチの5段)で、ギクシャク感と乗りこなすのにコツがいるのに対して、新型は6EAT(ステップAT)で格段にスムーズで走りやすい。ターボエンジンとの組み合わせはとてもよくて、アクセルペダルをガバッと踏んだときには、キックダウンとともにシートに背中が軽く押しつけられるほどの加速をしてくれるのはもちろん、ジワッとゆっくりアクセルを開けたとき、シフトダウンせず少しだけターボが効いてきて加速するのもシッカリ感じることができました。非常に扱いやすいパワートレインだと思います。

ただ、ひとつだけ・・信号待ちなどでアイドリングストップ機構が作動する瞬間、クルマが完全に停止していないと少しだけギクシャクした動きが出ます。制御プログラムを修正すればもう少し行儀よくなって、より高級感が出ると思うのです。アイドリングストップからの復帰も、もうちょっと改善できそうな気もします。もっとも、発進はドライバーのさじ加減で何とかなりそうですけどね。停止寸前のお行儀はドライバーの力量では何ともしづらいと思います。

試乗では直線、アップダウン、連続S字カーブをいずれも空いた状態でドライビングできました。コレ、乗り心地がものすごくいいんじゃないですか?ふんわりしていて、ハイドロ車であるC5に負けないいい乗り味だと思います。シートもソフトでいい感触で、乗り心地の向上にひと役買っています。ふんわりソフトな脚なんですが、連続S字コーナーでとてもよく粘りますので、安定したコーナリングができました。もしかして現行C4よりイイかも?

最近よく気にするペダルとハンドルのオフセットですが、新型C3はまずまずではないかと思います。少なくとも右脚をよじって乗らなければならないC4やDS4、DS5あたりよりもずっとマトモだと思います。ドライビングポジションは決めやすいので、長距離・長時間を運転しても疲れにくいと思います。

ということで、新型C3、悪いところは少ないというよりも、いいところがたくさんあって、しかも216万円からという価格設定は手を出しやすいでしょうし、そこそこ売れるんじゃないでしょうか。となると希少性は減るので、人と違うものに乗りたい人にはどうでしょう・・まぁC3がスズキ・ハスラーみたく街に異常増殖することはないでしょうけど(苦笑。

コメント

 新C3、カタログを読む限り、アーモンドグリーン以外のボディカラーは、特別注文色として追加料金を取られるのだとか!?これって結構アコギですよねぇ。まぁ自分が買うとしたら、ノアールペルラネラとルージュアデンのツートンですか?
 乗り心地の良さは、早くも試乗した一般人の方々がSNSで称賛してますね。果たして伝説と化している、ZXのそれを上回っているのでしょうか?まぁ仮にZXほどではないとして、クサラのそれより良かったら正直ショックだなぁ・・・(笑)。
 で、TET'sさんとしては、C5の後釜として購入する気になりましたか?

 ところで、またまた試乗シリーズに対するリクエストなのですが、現代日本のベストセラーカーであるプリウスやアクアをTET'sさんがいかに評価するのか?興味津々なので是非お願いします!

友人サン
新型C3の乗り心地は現行C4より良いと感じました。現行C4はちょうど1年前、C5車検の際に代車として1週間ほど借りましたが、新型C3ほど印象に残る乗り心地ではありませんでした。6ATのセッティングはあまり変わっていませんね。
http://tets.blog12.fc2.com/blog-entry-4116.html

スタイルがちょっとカッコよすぎるかなぁ。C3見てからC4カクタスを見ると、クラシックな感じに見えました。でもカクタス(の正規輸入車)はパワートレインがねぇ。

トヨタのハイブリッド車ですが、プリウスは20型、30型と勤め先で社用車として乗っています。現行型はまだ乗ったことがありません。アクアはその代車として少しだけ乗りました。積極的に欲しいクルマではありませんでした(苦笑。
http://tets.blog12.fc2.com/blog-entry-3613.html

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4478-c957d0a5