C5 ブレーキ修理完了 

20170807_01.jpgシトロエンC5の右前輪ブレーキキャリパーが戻らなくなってしまい、自動車保険のロードサービスを利用して積車で運んでもらい、ディーラーさんで預かってもらうことになったのが2017年7月1日、2日のことでした。そのロードサービスには運搬後の代車利用特約も付いていたので、遠慮なくレンタカーの日産ノートにひと月近く乗ることになりました。その間にジムニーをはじめいろいろなクルマの試乗をしつつ、並行してC5の修理についても検討を続けていました。そしていよいよ代車返却日が間近に迫った7月最終週、ひとつの結論に達したのでした。



シトロエンC5は修理する。車検はちょうど1年残っていますし、何よりこれまでの整備費用がもったいない・・昨年の車検時にタイミングベルト交換をして、今年1月にエンジンオイル漏れを修理して、4月にはサマータイヤを新調しました。これらはあと4年ぐらいは乗り続けるつもりでおこなった整備です。今、C5を手放す決意をしたとしても、おそらく値は付かず廃車、スクラップにされる運命でしょう。それではあまりに惜しい・・なので修理することにしました。

そしてスズキ・ジムニーを買う。

C5が故障するまでは微塵も考えていなかったのですが、いつかはC5を諦めなければならない時が来る・・いざ通勤のアシを代えるとして、維持費の安い軽自動車は2年前から常に候補ではあり続けました。しかしハイドロ・シトロエンから国産車の、しかも軽自動車に乗り換えるにあたっては、平凡な本当のアシ車では自分の中で納得ができなかったのです。ミライースは確かによくできている・・しかしそれに乗る自分を想像すると、何かこう物足りないものを感じてしまう。自意識過剰なのですが(苦笑。

そんな中、以前から気になっていたジムニーを思い出すことになりました。これまでそれほど詳しく調べたこともなかったのですが、20年近く続いたJB23W型のフルモデルチェンジがいよいよ近いことを知りました。そして自宅から近いところにお値打ちな個体があることに気付く・・これはもう「呼ばれている」のだと思いました(笑。ジムニーはジムニーしかない・・競合する車種は2017年7月現在、存在しないのです。だからジムニーを買う、乗るということは大きな意味があり、かつ他の自動車メーカーでは成立しないワケです。これならC5から(ジムニーという他に無い)軽自動車に乗り換えるということが前向きなものとなりますから、自分の心も納得させられるかな、と。そうなるともう決断は早かったのです。

資金面を工面し、今後の維持費も試算して・・ん?もしかしたら、C5を修理しての3台体制でも何とかいけそう!?

長期的に3台体制を続けることは難しいと思いますが、少なくともあと1年・・C5の車検が切れるまでは挑戦してみたいと思っています。スポーツカー、サルーン、クロスカントリー四駆・・まさにクルマ好きとしては理想の三台体制!この夢の実現は今でなければできなかったと思います。



【散財メモ】
45,500円:右フロントブレーキキャリパー交換
10,400円:左右フロントサスペンションリターンユニオン交換(LDS漏れ修理)
4,472円:消費税
計:60,372円

コメント

 C5、いざとなったら私が引き取ってもよろしゅうございますですよ。

友人サン
最終手段としてよろしくお願いします(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4495-3f7489f9