タカギ 電動ポリッシャー EARTH MAN EP-300A 

20170821_01.jpgクルマ磨き用にと電動ポリッシャーを購入しました。タカギ EARTH MAN EP-300A・・他にももう少し安いものが別のメーカーからも出ていましたが、あえてこちらを選びました。と言うもの・・以前から自宅には電動ポリッシャーがありました。父がカー用品店で購入して少し使って物置に眠っていたもの。先日それを使おうと引っ張りだしてきたところ・・回転部のスポンジがボロボロになってしまっていて使い物にならない状態だったのでした。なので同じような型の製品ではなく、もう少し消耗部分を交換メンテできる製品を探しました。




さて、電動ポリッシャーの用途ですが、現在3台あるクルマのうち、ほぼ新車で購入したてのジムニーは置いておいて、新車購入から6年経過したメガーヌと、3年前に中古で手に入れたシトロエンC5のボディ塗装面のメンテナンスです。どちらも無精がたたってイオンデポジットやら水アカやらで酷い状態になってしまっています。自分も以前はマメに洗車するタイプだったのですが、4年前に大病して以後、体力的に洗車している場合ではなかったことから、ついつい無精癖がついてしまい、また2台体制を復活させたことによって1台の洗車間隔が長くなったこともあります。そしてあとは自分自身の加齢かなぁ・・洗車が面倒くさく億劫になってしまいました。そこへ今回、3台目のジムニー購入ですよ・・これまでの方法で洗車・磨きをしていては、休みのたびにそればかりに掛かりきりになって、せっかくの理想の組み合わせのクルマたちも走らせることができなくなってしまう。

ポリッシャーがあれば、酷くなってしまった汚れを効率的に落として綺麗にし、それを運転して悦に入るという目論見です。しかし失敗も怖いので、とりあえずいちばん「どうなっても構わない」シトロエンC5を実験台にすることに決め、昨日から毎日、夕方の1時間を使って汚れ落とし・磨きを始めました。まずはボンネットから・・イオンデポジットクリーナーではまったく歯が立たず、続いて極細コンパウンドを投入しましたが、それでもまだ落ちないところが。今日は「リンレイ 水アカ一発」という石油系のクリーナーを使ってみたところ、少し薄まりましたがシミらしきものがまだ残っています。おそらくこれはもう素人のグッズと技量では無理なのでしょう。
とりあえず少しでも汚れを薄めて、あとは洗車機の「ワックス洗車」で済ませようと思っています。

あと、メガーヌはもうやる気が失せました・・プロのコーティング屋(磨き屋)さんにお金を払ってお願いしようと思います。ボディに大きな傷も無いのでまだまだ大切に乗るということで、7年目に入ったばかりの今ですが美しくしてもらおうと思います。あと、新車に近いジムニーも塗装面に汚れ傷みが出てくる前にコーティングしてしまおうと思います。筋金入りのジムニーユーザーからしてみたら、泥だらけ、擦りキズだらけがジムニーの醍醐味でしょう?とバカにされそうですが、自分はピカピカボディのまま、林道走行など山遊びに挑戦できたらなぁ、と思っています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4509-11480ea7