FC2ブログ

ジムニー ボディコーティング施工 

20170904_01.jpg20170904_02.jpg

納車からちょうど1か月目を迎えたジムニーにボディコーティングを施工してもらいました。コーティング専門店によるガラスコーティングというものです。ほぼ新車の塗装面ですが、最低限の下地処理をしてもらった結果、汚れもキズもまったく無い状態にギラッと輝くガラス系コーティングをベースに施し、トップコートには「疎水性」のものを選択しました。水玉がコロコロと弾きまくる撥水性コーティングに対して、この疎水性コーティングとは弾いた水が寄り集まってまとめて滑り落ちていくというものだそうです。複数台を野外に駐車している身としては、降雨後の手入れが充分にできないため、少々無精をしても美しさが保てる方が合っていると思いましたので、「ザ・コーティング」な超撥水ではなく疎水性を選ぶことにしました。まだ雨に濡れていないのでそのへんの効果を実感することはできませんけど、大きな期待を寄せています。自らの手で洗車や磨きなどをおこなうのも楽しいのですが・・台数が増えるとそれがストレスになってしまうので、それならちょっとフンパツして楽になってしまおうという目論見です。

コーティングしたからと言ってキズが付かなくなったワケではありません。ただ、軽いすり傷程度ならコーティング層で留まることもあるでしょうから、塗装面が直接傷つくことはいくらか回避できるかと思います。ジムニーなんてスクラッチ上等で草むらに飛び込んでいくのが楽しいのでしょうが・・と言われるかもしれません。しかし自分は当面、そういうことをこのジムニーでやるつもりもありません。もしそういうことをしたいのなら、気兼ねなくできる中古車を買っていたでしょうし。世の中にビッカビカのジムニーがあってもいいじゃないですか(笑。



【散財メモ】
65,000円:ボディコーティング(ガラス系ベースコート/疎水性トップコート/下地処理込)
3,000円:メンテナンスキット
4,000円=2,000×2:プロテクションフィルム(左右ドアエッジ保護)
4,000円=2,000×2:プロテクションフィルム(左右ドアカップ保護)
6,080円:消費税
計:82,080円

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4523-6b469c59