FC2ブログ

強みでカバー 

20171114_01.jpg運用が手薄であった状況を質問され答えに窮することになったとしても、他の箇所へ話題が移った際にすかさずこちらの強みを猛烈にアピールして好評価を抱いてもらえれば、直前までの悪いイメージを薄めることになり、さらにはほぼ払拭してしまえることがある。ウイークポイントをゼロにすることはできなくとも、ストロングポイントをいくつも持っておけば、補って余りある好結果を勝ち取ることもできる。まずは自らの強み・弱みを把握することから始めなければならない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4594-7351082f