小諸城へ行ってきました 

20180306_01.jpg小諸なる古城のほとり雲白く・・

小諸と言えば島崎藤村の歌を思い出します。小諸へ行くと決まったときから、小諸城を必ず訪れようと心に決めていました。なので宿泊先も城跡からいちばん近いホテルを選んだのです。



2018年3月2日(金)



20180306_02.jpg20180306_03.jpg
20180306_04.jpg20180306_05.jpg

小諸城跡は現在、懐古園という公園として整備されています。小諸駅からそう離れておらず、徒歩10分以内というところの立地でしょうか。小諸城は平山城ということですが、ほとんど平地という感じの場所にあって登城はとても楽にできました。建物はほぼ残っておらず、苔むした石垣があるばかりですが、そこがまたひっそりとしていていいもんです。



20180306_06.jpg20180306_07.jpg

本丸跡は現在、懐古神社の境内になっておりますが、その片隅に天守台があります。



20180306_08.jpg20180306_09.jpg
20180306_10.jpg20180306_11.jpg

天守台はあまり手入れがされていないようで、石垣に隙間がたくさん見受けられ、崩れないか心配になってしまいます。



20180306_12.jpg20180306_13.jpg

公園の奥の方には島崎藤村の歌碑が。



20180306_14.jpg20180306_15.jpg

懐古園のすぐ外には三の門が・・



20180306_16.jpg20180306_17.jpg

そしてしなの鉄道の線路を挟んだ向こう側には大手門が遺構として残っています。これらは江戸時代以前の建築だそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4715-3474c6b4