ジンマシン 2018年3月20日 

20180320_01.jpg朝、普通に出勤して、午前中、普通に仕事して、昼食を摂っている間に異変を感じました。何やら胸から脇腹にかけて無性にかゆい・・掻きながら食べていたのですが、どうにも気になるので場所を移して服をはだけて鏡を見てみたら・・胸のあたりが真っ赤に!脇腹にはブツブツと発疹していましたが、胸のところはまるで薬品によるやけどを負ったかのような赤さ・・というので思い出したのが、5年ほど前に入院したとき、造影剤を点滴したときとエパデール(EPAサプリメント)を服用したときに出たアレルギー反応。あれにそっくりでした。あまりのかゆさと症状が気になりすぎて、もう午後は仕事にならないと思い、届を出して早退(午後半休)することにしました。

そして帰宅してからかかりつけの内科医に診てもらうことにしました。明日は祝日で休診、明後日は木曜日で休診・・今日を逃すと次に診てもらえるのは金曜日になってしまいます。もしひどくなってしまったら困るので(公立の大病院へ行くという手もありますが、待ち時間が長くてユウウツ)、今日どうしても診てもらいたかったので早退してきたということもあります。

で、診断の結果ですが・・いわゆる蕁麻疹(じんましん)でした。主治医からは「何か変わったもの食べましたか?」とたずねられましたが、とくにそういうこともなし。じんましんは食物アレルギー以外にも、疲労やストレスなど体力低下しているときに出ることがあるそうで、たとえばインフルエンザ発症と同時にじんましんが出るケースもあるそうです。しかしそんな疲れるようなこともしていないし・・

と、そこでふと思ったのが、食べた物について変わったものはありませんでしたが、行動については変わったことがひとつありました。一昨日の日曜日、使わなくなった缶スプレー式の塗料10本以上を廃棄するため、残った塗料を出してからガスを抜くという作業を3時間ほどやったのでした。その間、マスクと保護メガネを装着していたとはいうものの、溶剤成分はふんだんに吸い込んでいたことでしょうし、少々の疲労はあったはず。もしかして溶剤に対するアレルギー反応が後から出たとも考えられるか・・そう言えば今朝、その処理した空き缶を片づけるのに再び溶剤のニオイを嗅いでしまいましたしね。

ともあれ、かかりつけ医で点滴(おそらく抗アレルギー剤)を1本打ってもらい、抗アレルギー内服薬のアレグラとステロイド系のとんぷく薬を処方してもらいました。点滴を打ってもらっている間はかゆみが治まっていましたが、薬局での待ち時間30分ほどの間にまたかゆみが復活・・夕食後にアレグラを飲んで様子を見ている状況です。少しはマシになっていたかな?という感じですが、とりあえず明日は休日なのでゆっくり静養したいと思います。

コメント

自分の場合は、酒を飲むと蕁麻疹がでます(笑)。

友人サン
酒アレルギーですか、それはまた何とも・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tets.blog12.fc2.com/tb.php/4729-18713c76